「ソフトバンクペット保険」サイト

写真拡大 (全2枚)

 ソフトバンクは21日、アニコム損害保険との提携を発表した。ソフトバンク指定の対象機種の利用者に向け、愛犬・愛猫の診療費の一部を補償する「ソフトバンクペット保険」を同日より提供開始する。

 「ソフトバンクペット保険」では、ペット保険シェア1位で、50万人超の利用実績があるアニコム損保が引受保険会社となる。アニコム損保の対応病院であれば、「どうぶつ健康保険証」(発行:アニコム損保)を窓口に提示するだけで、保険が適用された金額で診療を受けることができ、保険金請求の手続きなどは不要。

 一方でソフトバンクが提供することで、アニコム損保の一般契約に比べて、3%廉価な保険料で契約できるという。加入者(被保険者)がソフトバンク指定の対象機種の利用者であること、20歳以上であることなどが条件。加入できる犬・猫の年齢は7歳11カ月まで。

 提供プランは、診療費の70%を支払う「70%プラン」と、50%を支払う「50%プラン」の2種類(1日または1回あたりの支払限度額、1年間に利用できる回数に制限あり)。

■関連リンク
ペット保険は「ソフトバンクペット保険」