サンフランシスコに大浸水をもたらす「キング・タイド」

写真拡大

サンフランシスコでは、約60cmの海面上昇が生じれば国際空港が浸水する。現在でも、大潮やエルニーニョ現象などが重なることで、「約90cmから2m」の海面上昇が短期的に生じるとみられている。

Watch this on The Scene.

サンフランシスコは、遠くから見ると、三方を囲む海に比べてかなり高い場所にあるように見える。しかし、サンフランシスコ湾に沿ったエンバーカデロ地区では、大潮のとき、海水がかかとを濡らすような日もある。

「サンフランシスコに大浸水をもたらす「キング・タイド」」の写真・リンク付きの記事はこちら

こうした極端に高い潮位は、「キング・タイド(King Tide)」とも呼ばれている。キング・タイドは、専門的にいうと、近地点大潮の一種で、月が最接近することで生じる非常に高い潮位が、ほかの気象偏差と重なって、さらに高くなるものだ。

今年の1月21日と22日は、キング・タイドによって、サンフランシスコの海岸線が、平均的な満潮時より30cmほど上がる。サンフランシスコ公共事業委員会で気候プログラムディレクターを務めるデヴィッド・ベーハーは、「今年はエルニーニョ現象のため、平均してさらに15cmから40cmほど上がる」と述べる。

そしてもし、サンフランシスコ特有の「冬の嵐」が沖合にやってくれば、海面はさらに1m以上上昇する。

これらの現象を全部足していくと、天文と海洋と気象が重なる今回の現象により、科学者たちが2100年までの値として予想している「約90cmから2m」の海面上昇(誰に聞くかによって値は違う)を実現してしまう(キング・タイドのピークは1分ほどで、その後ゆっくりと潮位は下がる。嵐が来れば、荒天は数時間、あるいは数日間続く)。

サンフランシスコ州北部のマリン郡では、海面が約30cm上がれば道路が浸水する。約60cmで、オークランド国際空港サンフランシスコ国際空港の滑走路が沈む。

180cmとなれば、マウンテンヴューにあるグーグル本社が、海に浮かぶITの要塞になってしまう。

海面上昇問題に危機感を覚えたサンフランシスコ湾周辺の9つの郡では、土地1区画につき12ドルの税金を課し、気候変動への適応に使うことを検討している。「当初は湿地回復に利用する予定でしたが、海面上昇への対策として使うべきでなのは明らかです」とベーハー氏は言う(サンフランシスコでは、20世紀の間に18cmの海面上昇が記録されたと報道されている)。

米国では、10人のうち4人が、米連邦緊急事態管理庁(FEMA)によって海面上昇が深刻な被害を起こしかねないと指定された「沿岸に位置する郡」(PDF)に住んでいる。海面の上昇は少しずつ生じる現象だとはいえ、その最初の被害は、キング・タイドや嵐といったときに生じ始めるのだ。

関連記事:気候変動は世界に新たな「生」を誕生させる

TAG

DisasterVideoWIRED US