画像

写真拡大 (全2枚)

 App Annieは、昨年1年間の世界のアプリ市場動向を総括した『2015年アプリ市場総括レポート』を発表した。レポートにはLINE社がゲームを除くパブリッシャーの収益で世界トップであることなどがまとめられている。

 App Annie(アップアニー)は、昨年1年間の世界のアプリ市場動向を総括した『2015年アプリ市場総括レポート』を発表した。

●2015年はタクシー配車やストリーミングの年だった

 同レポートでは2015年の注目のカテゴリやマネタイズ戦略として、次の事柄があがっている。
相乗りアプリとタクシー配車アプリ:中国、メキシコ、ブラジルで利用が急増
マッチング系アプリのマネタイズ:Tinderのサブスクリプションモデルが成功
動画ストリーミング:YouTubeをはじめとする大手参入による競争激化
音楽ストリーミング:グローバル企業とローカル企業がともに収益を拡大
モバイルコマース:市場ごとに大きく異なる販売チャネル

 プラットフォームでは、Google Playがダウンロード数、iOSが収益でリードする構造は以前と変わらないものの、iOSの国別ダウンロード数で中国が首位に立ったこと、米国のダウンロード数シェアでGoogle PlayがiOSを上回ったことなど、地域ごとに大きな変化も見られた。

●日本のトップパブリッシャーはLINE、ヤフー、mixi

 ゲームを除くパブリッシャーの世界収益ランキングでは、LINE社が首位を獲得。同社のコミュニケーションアプリ「LINE」は、アプリの世界収益ランキングでは2位に、世界ダウンロード数ランキングでは9位に入っている。

 日本のトップパブリッシャーは、ゲームを除くダウンロード数でYahoo Japan社、ゲームのダウンロード数とゲーム以外の収益でLINE社、ゲームの収益でMixi社と位置付けられている。その他にパブリッシャーランキングでは、GungHo Online社、BANDAI NAMCO社、Cocone社、SQUARE ENIX社、Sega Sammy Holdings社が上位にランクインした。

MarkeZine編集部[著]