20日、訪日中国人観光客の爆買いが話題になるなか、中国人の興味は美食にも向かっており、ミシュランの星を獲得したレストランをめぐるツアーまで登場している。資料写真。

写真拡大

2016年1月20日、台湾・ETtodayによると、訪日中国人客の爆買いが話題になるなか、中国人の興味は美食にも向かっており、ミシュランの星を獲得したレストランをめぐるツアーまで登場している。

このツアーは東京のミシュラン3つ星店1軒、2つ星店2軒、 1つ星店1軒を3日間でめぐる。ツアー参加費は2〜3万元(34〜50万円)で、航空券やホテル代は含まれない。高いように感じるかもしれないが、ツアーを企画した朱(ジュー)氏は、「業界関係者であればこの価格設定が妥当だとわかる。数日間にこれだけ多くのミシュラン店で食事をするのは、お金があるだけでは不可能なこと」と話す。

朱氏は、「このツアーを組むには、食に精通した通訳を雇う必要がある。また、店側と調整するスタッフも必要。これほど多くの外国人を一度に受け入れることに難色を示す店もある」としている。また、「味わうだけでなく、料理について理解してもらうために、美食家やソムリエを呼んで説明してもらう」のだという。

在日中国人の周(ジョウ)さんは、「日本の食べ物は新鮮でおいしい上に安い。上海の同じレベルの和食レストランは、味がだいぶ落ちる上に、価格は2〜3倍高い」と話している。(翻訳・編集/北田)