23位T発進のホステス・村田理沙 逆転で連覇なるか(撮影:福田文平)

写真拡大

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 初日◇21日◇レオパレスリゾートCC(6,482ヤード・パー72)>
 レオパレス21が主催する「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」が21日(木)開幕。その初日、昨年覇者でホステスプロの村田理沙は3バーディ・5ボギーの“74”でラウンド。2アンダーの23位タイで初日を終えた。
【関連写真】村田理沙スペシャルフォトギャラリー
 噛み合わない1日を振り返り「パッティングのタッチが合ってなかったのと、ショットが…風の読みが甘いかなと。いつもと逆の風が吹いていて。そのあたりが読みにくかったですね」と村田。「バーディチャンスもあったんですけど、獲り切れなかった」と伸ばせなかったことを悔やんだ。
 だが、闘志は衰えていない。「首位と5打差あるけどパターを調整して、獲れるところはしっかり獲ってきたい。去年も初日が1オーバーで、そこから4つスコアを伸ばしたので、パターが入れば、まだまだ全然行けると思う」。思い描くは昨年と同じ逆転劇。自分への期待とスポンサーへの感謝を胸に最終日を戦っていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>