セブン‐イレブン創業者の鈴木敏文氏が考える成功に導く「仮説の立て方」

ざっくり言うと

  • セブン‐イレブン創業者の鈴木敏文氏が「仮説の立て方」を解説している
  • ストーリーを考えることであり、顧客はそのストーリーに共感して買うという
  • 予定調和を壊す提案をして、顧客に「おや?」と思わせることが重要だと語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング