21日、四川抗日退役兵援助会の「フライング・タイガース」隊員の子孫がこのほど、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館に100点余りの品を寄贈した。

写真拡大

2015年1月21日、人民網によると、四川抗日退役兵援助会の「フライング・タイガース」隊員の子孫が19日、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館に100点余りの品を寄贈した。

【その他の写真】

「フライング・タイガース」全シリーズのフライトスーツ、成都「フライング・タイガース」の退役兵による手書きの自伝原稿、四川の退役兵による170個赤い手形や署名などが贈られた。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)