21日、韓国・平昌冬季五輪の競技会場を承認する記念の席に集団が怒鳴り込み、喜びの雰囲気が台無しになった。国際スキー連盟の関係者も出席の場だっただけに、複数のメディアが「国際的な恥さらし」と報じている。写真は平昌五輪のエンブレム。

写真拡大

2016年1月21日、韓国・SBSによると、18年に開かれる韓国・平昌冬季五輪の記念となる席に集団が怒鳴り込み、喜びの雰囲気が台無しになった。国際スキー連盟(FIS)の関係者も出席の場だっただけに、韓国の複数のメディアが「国際的な恥さらし」と報じている。

19〜20日の2日間、FISの実地調査団が五輪会場となる江原道・旌善アルペン競技場に入り、コースの最終チェックを行った。調査を終えたFISのギュンター・フヤラ技術顧問は20日の記者会見で、「雪の量も十分で雪質も素晴らしい。スロープの準備もすべて整っている」と評価し、来月6日に開かれる五輪最初のテストイベント、アルペンスキーワールドカップ大会のコースとして正式に承認した。

これまで準備の遅れなど数々の問題に頭を悩ませてきた韓国の関係者にとっては、テストイベントの開催決定は念願だったはず。会場は喜びに包まれたが、その雰囲気はすぐに打ち消された。競技場工事などを請け負った業者が、工事代金の未払いを訴え、記者会見場に怒鳴り込んだのだ。「代金の問題も解決できないで、何がテストイベントだ!去年の5月から食費さえ受け取ってない。何が世界のお祭りだ!江原道は責任を取れ」…大声で責め立てる男らに五輪組織委員会はなすすべなく、近くのコンテナに場所を移して会見を続けた。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「今からお金の問題が片付いてないなんて、この先、仁川(14年のアジア大会)よりも大きな後遺症が予想される」
「江原道にはもうつぶれる道しか残っていない」
「一度だけの見せ物的な国際行事はもうやめよう。経済効果だって、国民ではなく大企業の一部にあるだけだ」

「北朝鮮だって、働いたらごはんをくれるよ。本当に国際的な恥だ。公務員をみんな拘束しろ」
「平昌五輪なんて誘致するんじゃなかった」
「これがコリアン・レベル」
「お金もないのに、こんな田舎で急に世界的な運動会をするだって?韓国人はまったく興味を持ってないよ。今からでも返上したらいい」

「払うものを払って、もらうものをもらって、信用社会が成り立つ」
「何日かのスキー大会を開くだけの施設のために、あのうっそうとしていた江原道の森がみんななくなったんだね」
「下請けの下請けのそのまた下請けがあるから、実際に働いた人にはお金が渡らない。それが韓国の現実だ」(翻訳・編集/吉金)