作品とともに貴重なデザイン画も公開!白金台の東京庭園美術館で「ガレの庭」展

写真拡大

19世紀末のヨーロッパを彩った装飾スタイル「アール・ヌーヴォー」は、フランス語で「新しい芸術」を意味する。その立役者のひとりだったエミール・ガレは、花や昆虫などをモチーフにした美しいデザインのガラス工芸で知られるけれど、広大な庭で約3000種類もの植物を育てていた「植物マニア」だったとか。そんな「植物」に寄せる芸術家の情熱を感じ取れる展覧会をご紹介。

2016年1月16日(土)から4月10日(日)まで、港区白金台にある「東京都庭園美術館(本館・新館)」では、展覧会「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」を開催中。

1933(昭和8)年に建てられた美術館の建築には、ガレと同時期にガラス工芸の世界で活躍したルネ・ラリックの作品も使われているので、ガラス工芸好きにとっては、ガレとラリックという2大巨匠の作品を同時に満喫できる楽しみも。
今回の見どころとなるのは、ガレの遺族によってパリのオルセー美術館に遺贈された水彩のデザイン画(写真)と、長野県諏訪市にある「北澤美術館」が所蔵するガラス作品《脚付杯 ひなげし》。

デザイン画と実際の作品が一致することはきわめて珍しいうえ、保存の点から水彩画はめったに公開されることがないのだとか。本展ではそのふたつが100年ぶりに再会し、見比べることができる貴重な機会に。


デザイン画はオルセー美術館から19点、北澤美術館からも数点が出展される。ガラス作品は外光に反射して美しく見えるように並ぶけれど、デザイン画は色あせを防ぐためになるべく光の入らない場所で展示されるのだとか。ただし、中には《花瓶 松》のように、その場で見比べられるものも3点ほどあるとか。

このほかに、1900年のパリ万国博覧会出品モデルで、大胆にナスのフォルムをいかした《花瓶 茄子》などもあり、植物マニアらしいモチーフの作品が並ぶ。


この機会に「ガレ」をもっと知りたいという女子は、2月6日(土)に開催される講演会「ガレの庭 自然と象徴」に参加して。ガレの専門家である北澤美術館主席学芸員の池田まゆみさんが、ガレの半生や、本展で鑑賞できる作品について詳しく教えてくれる。

3月13日(日)にはきのこ愛好家・とよ田キノ子さんのトークイベント「きのこの世界から見たガレ」も開催。こちらではガレ作品の中のきのこについての話を聞くことができるそう。どちらも事前申込不要なので、興味のある女子はチェックして。

また、本展ではガレが愛した自邸とその庭に見立てて楽しめるように、ガレの妻・アンリエットが邸宅を訪れたゲストに宛てて書いたという設定の、手紙の形をとった鑑賞の手引きを配っているとか。およばれ気分で芸術品を見て回って。

トップ画像:《脚付杯 ひなげし》被せガラス、マルケットリー、手彫り、脚台熔着1900年(1900年パリ万国博覧会出品作)北澤美術館蔵
画像 上:《デザイン画「脚付杯 ひなげし」》紙に鉛筆、水彩1900年頃オルセー美術館蔵(C)RMN-Grand Palais (musee d’Orsay) / Herve Lewandowski / distributed by AMF
画像 中:《花瓶 松》 被せガラス、アプリカッション、手彫り、マルケットリー、本体と台部を熔着、パチネ 1903年頃
画像 下:《蜻蛉文受皿》スモーク・ガラス、エナメル彩、金彩、金属箔挿入1878ー1889年 北澤美術館蔵