20日、日系女性タレントがタクシー運転手を暴行した事件から間もなく4年。事件に関わった女性タレント3人の運命はくっきり分かれている。写真は左から湘瑩、ヤーズ、Makiyo。

写真拡大

2016年1月20日、日系女性タレントがタクシー運転手を暴行した事件から間もなく4年。事件に関わった女性タレント3人の運命はくっきり分かれている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

日台ハーフタレントのMakiyo(川島茉樹代)によるタクシー運転手暴行事件は、4年前の12年2月に発生した。泥酔していたMakiyoと友人の日本人男性が台北市内の路上で乗っていたタクシー運転手に暴行を加えたもの。Makiyoには懲役10カ月(執行猶予3年)の判決が下ったほか、現場に居合わせた女性タレントの湘瑩とヤーズは偽証罪で罰金刑に処されている。

すでに引退したヤーズが一般男性と結婚し、第一子に恵まれて幸せな家庭を築いていることが明らかになり、事件に関わった3人の運命が再び注目されている。Makiyoは事件の翌年には中国を拠点に復帰したものの、芸能活動は順調とは言えず。昨年は台湾でアルバムをリリースしたが、世間の目は冷たいままだ。また、昨年初めには母親をがんで亡くしている。

事件の被害者に対して唯一、誠実な対応を見せ続けたのが湘瑩だった。事件直後は低迷していたが、芸名を「王書喬」に変えて再スタート。数々のドラマに出演し、少しずつ活動の幅を広げている。(翻訳・編集/Mathilda)