舘ひろし(左)と柴田恭兵(右)

写真拡大

『さらば あぶない刑事』の公開直前プレミアイベントが1月21日に大阪ミナミの道頓堀、とんぼりリバーウォークで行われ、約4000人のファンが詰めかける中、舘ひろしと柴田恭兵が登場した。

[動画]これが最後!『あぶない刑事』舘ひろし、柴田恭兵らが揃って舞台挨拶
 
とんぼりリバーウォークの川沿いに、『あぶデカ』さながらにサングラスをかけた大勢のファンが待ち構える中、10年ぶりに来阪した舘と柴田が“あぶデカ”仕様の全長18mの船に乗って登場すると、割れんばかりの歓声が。すると、その歓声を聞きつけた通行人までもが、まさかのタカとユージの登場に足を止め、ミナミの街はパニック状態に! ファンからは「タカ! ユージ! お疲れ様!」とシリーズ最終作の本作で定年を迎えた2人を労う声などが飛び交っていた。

そうした中、舘は「10年ぶりに『あぶない刑事』が帰ってきました。そして、最後の『あぶない刑事』になります。いい作品に仕上がってますので、ぜひ、楽しみにしていて下さい!」と挨拶。柴田は「本当に感謝の気持ちでいっぱいで、1人ひとり抱きしめたいです。感謝の気持ちを表すために(道頓堀に)飛び込もうと言ったら、舘さんが歳だからやめとけって」と話し笑いを誘った。

また、テレビシリーズから30年間、タカとユージを演じ、劇場版第7弾にして最終作を迎えた今の気持ちを問われると、舘は「30年やってきて、もっとやりたいこともあったけど、本当にやり切った感じがしています」とスッキリとした表情。柴田は「素晴らしい映画ができました。ぜひ、見て下さい」と最終作でやり切った思いを口にした。

さらに、難しかったところや気合を入れたところについて聞かれると、舘は「10年ぶりに(バイク)乗ったんですけど、5,6回で(感覚が)戻ってきました」と回答。これに柴田が「実は(舘さんのバイク)補助輪が付いてるんですよ。CGで消してるんです」とニンマリ。一方、舘は柴田の全力疾走に対し「今日は恭サマが道頓堀の水の上を走ります(笑)」と話し、柴田が走るフリを見せるなど、2人はまるで劇中のタカとユージのような掛け合いを披露していた。

『さらば あぶない刑事』は1月30日より全国公開となる。

定年目前のタカとユージがもうひと暴れ!最後の『あぶない刑事』予告編とポスター解禁!
[動画]『さらばあぶない刑事』予告編
『あぶない刑事』最新作の前売券が前作の300%超売り上げる好発進!
『あぶない刑事』タカとユージがシリーズ振り返るコメント映像解禁!