Doctors Me(ドクターズミー)- インターネットに溢れる情報で迷っちゃう…妊娠中でもできる運動って?

写真拡大

女性の人生の一大イベント、妊娠。

長いこと赤ちゃんを待ち望んでいた貴女も、思いがけず授かった貴女も、いざ赤ちゃんがお腹の中に宿ってみると、色々なことが心配になりますね。情報をインターネットで検索することも多いのではないでしょうか。妊娠中の運動についても、たくさんの情報の中で一体何が最適なのか迷ってしまいますね。

今回は妊娠中の運動について、医師の意見をうかがいました。

妊娠中に最適なスポーツは?

インターネットに溢れる情報はただでさえ体調やホルモンの関係で不安になりがちな妊婦さんを混乱させてしまうことも多いようです。妊娠中、運動しすぎはもちろん赤ちゃんによくないだろうし、かといってまったく動かないのも、体重が激増して難産になるかも…と考えてしまいますね。

ジョギングなどの激しいスポーツは妊婦さんの場合、もともと経験があるかたでも妊娠の時期・体調がかなり安定していないと難しいです。そのため、ゆっくりとした動きで行える「マタニティヨガ」をしている妊婦さんもいます。

ほかにも運動経験のあまりない妊婦さんが比較的トライしやすくオススメなのが、最近話題の「マタニティスイミング」です。

マタニティスイミング、どんなところがいいの?

マタニティスイミングは普段より体重が増えている妊婦さんでも、浮力によりひざなどに負担がかかりにくくて安全です。また「スイミング」とはいえ、泳げない妊婦さんでも行えるウォーキングプログラムを用意しているところも多いので、泳げない人にも安心です。

マタニティスイミングは、息を切らすような激しい運動ではなく、運動の合間に妊婦さん同士でおしゃべりしたりする楽しみもあります。気分転換も情報交換もできて一石二鳥ではないでしょうか。

いつごろから始めていいの?

時期としては妊娠が安定する16週頃から、特に合併症などがなく主治医からの許可が得られれば参加できるというところが多いようです。団体によって独自の規則を設けているところもあるようですので、通いやすいところに直接確認してみるといいでしょう。

【医師からのアドバイス】

何かとストレスや不安が溜まりがちなマタニティライフ。スポーツを楽しみながら気分転換をしたり、気の合う仲間を作ったり、明るく過ごせたらとてもいいですね。

(監修:Doctors Me 医師)