「フィナンシェ・タブレット」(写真手前、1296円)と「チョコレートフィナンシェ・ タブレット」(写真奥、1296円)。驚きあふれるバレンタインスイーツが登場!

写真拡大

洋菓子ブランドのアンリ・シャルパンティエは、代表商品であるフィナンシェをチョコレートの土台に埋め込んだ「フィナンシェ・タブレット」と「チョコレートフィナンシェ・ タブレット」(各1296円)を、2月14日(日)までの期間限定で、全国の店舗およびオンラインショップにて販売中だ。

【写真を見る】チョコレートの土台にフィナンシェを埋め込んだ「フィナンシェ・タブレット」(1296円)。パッケージは「Merci Beaucoup(ありがとう)」のメッセージ入り!

フィナンシェの年間販売個数がギネス世界記録に認定されている、アンリ・シャルパンティエ。バレンタインに向けて登場した「フィナンシェ・タブレット」は、自慢のフィナンシェとチョコレートタブレットを組み合わせた、独走的なビジュアルが目を引くスイーツだ。

2014年の「サロン・デュ・ショコラ」で発表され、完売するほどの人気を博した。2016年は、こだわりのおいしさはそのままに、土台となるチョコレートにパフを忍ばせている。フィナンシェのしっとりした食感と、土台部分のサクサクした食感が楽しい。

「チョコレートフィナンシェ・ タブレット」は、バレンタイン期間中のみ店頭に並ぶ、濃厚なチョコレートフィナンシェを用いた「フィナンシェ・タブレット」。まろやかなチョコレートの甘さに、食感豊かなパフがマッチする。

この他、アンリ・シャルパンティエでは、オーストリアの伝統的な菓子「ザッハトルテ」(540円〜)も販売中。チョコレート味のバターケーキに甘酸っぱいアプリコットジャムを塗り、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダンでコーティングした一品だ。赤いハートのチョコレートを飾り、見た目も鮮やかに仕上げた。サイズは4種類を展開する。

驚きが詰まった「フィナンシェ・タブレット」と、オーソドックスな「ザッハトルテ」。対照的な2つのスイーツがそろうアンリ・シャルパンティエで、バレンタインのギフトを選んでみては?【東京ウォーカー】