写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Facebookは1月19日、Androidアプリで匿名化技術「Tor」を実験的にサポートする計画を発表した。数日中に機能を利用できるようにするという。

Torは「The Onion Router」の略で、TCP/IP接続の匿名化技術。Facebookではプライバシー情報が多くやりとりされるが、同社は2014年11月にTor専用のURLを用意し、デスクトップなどTorをインストールしたWebブラウザでのTor経由でのFacebook利用を可能にしている。Facebookによるとかなりの数のユーザーがこの機能を利用しており、ブラウザ以外のサポートの要求があったという。

AndroidアプリでのTorサポートはこれを受けてのものとなり、Android向けのTorといわれる無料のプロキシアプリ「Orbot」を利用することで実現する。Google PlayからOrbotをインストール後、Facebookアプリのアプリ設定メニューから「Orbot経由でTorを利用」を有効化して利用できるという。

Facebookによると同機能は実験的であり、ユーザーのフィードバックを得て体験を改善していくとしている。機能は順次リリースするとのことだ。

(末岡洋子)