20日、あるTwitterユーザーが、寿司チェーン店「すしざんまい」を展開する株式会社喜代村・木村清(きむらきよし)社長の逸話を投稿して話題を呼んでいる。

ユーザーは、「ソマリアの海賊を一人で壊滅させた男がいる」と語り始める。その男は、海賊に「漁船を用立てて、技術指導をつけ、魚の流通を引き受ける」ことで、海賊は更生して漁民になったという。

そして、ユーザーによると、その男とは「すしざんまい」の木村社長のことだというのだ。
このツイートは、21日15時の時点で1万3000件以上のリツイートと、7000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

なお、ハーバービジネスオンラインの木村社長インタビュー記事には、「『すしざんまい』が年間300件の海賊被害をゼロに」とあり、木村社長自らソマリアに赴き、海賊と対話し、マグロ漁を教え、手はずを整えたのだと語っている。

【関連記事】
歯磨き教室の「アンパンマンぬいぐるみ」に戦慄 Twitterで大反響
電車内で化粧をはじめたブスが驚きの結果に「何も見なかった事にした」
初めて卵焼きを食べたアメリカ人の反応が話題「なにこれジューシーな旨み」