『グッドモーニング・コール』主演の福原遥と白石隼也 (C) 高須賀由枝・集英社・フジテレビ

写真拡大

フジテレビが制作するオリジナルドラマ『グッドモーニング・コール』が2月12日より同社の人気番組を配信する「FOD(フジテレビオンデマンド)」と、世界最大級の映像配信サービス「Netflix」で同時配信されることがわかった。

あの昼ドラ『牡丹と薔薇』が本日よりネット配信開始!

『グッドモーニング・コール』は1997年から2002年まで集英社の少女マンガ誌「りぼん」で連載された同名コミックを初映像化した作品。累計発行部数500万部を突破した、高須賀由枝原作の同居ラブコメの金字塔ともいえる作品だ。

物語は、両親の都合で1人暮らしをすることになった女子高生・吉川菜緒の部屋に、菜緒が通う高校でイケメン御三家として有名な上原久志が引っ越してきたことからスタート。

素直で天然な性格の主人公・吉川菜緒役を、NHKのEテレで放送されていた『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の“まいんちゃん(柊まいん役)”として人気を集めた福原遥が演じ、イケメンで秀才の上原久志役には、朝ドラ『花子とアン』をはじめ、映画やドラマで活躍する白石隼也が扮する。

これがドラマ初主演となる福原は、本作について「明るくて元気な菜緒役をやらせて頂けてすごい嬉しいです。連続ドラマ初主演なので、緊張と不安もあり、毎日ドキドキワクワクしていますが、身を引き締めて頑張りたいと思います。皆さん応援よろしくお願いします」とコメント。

白石は「上原君は非の打ち所のないスーパーなキャラクターなので、僕で大丈夫なのかと不安な部分もありますが、皆さんが無理矢理にでもそう信じてくれれば何とかなるんじゃないかと(笑)。そう思って頑張ります」と話している。

Netflix、アマゾン…動画配信サービスの戦国時代到来!(1回目)
映像配信の黒船Netflixがついに始動! 同社CEO「来年は50億ドルをコンテンツにかける」と豪快に語る
又吉直樹の「火花」が早くも映像化!2016年にNetflixにて独占配信
[動画]白石隼也も登壇、『シグナル〜月曜日のルカ〜』舞台挨拶で西島隆弘の「僕が守りますから」に満員の女性客大興奮!