設置スペースの選択肢が広がるコンパクトな室内機

写真拡大

富士通ゼネラルは、ルームエアコン「nocria(ノクリア)」から「ZSシリーズ」を2016年1月下旬、「GSシリーズ」を2月中旬から順次発売する。

上位モデルはフィルター交換不要「プラズマ空気洗浄」機能搭載

いずれも電装部の配置など内部構造の最適化設計と圧縮機の高効率化を施し、袖壁など限られたスペースへの設置が可能な横幅68.6センチのコンパクトな室内機を実現。左右に余裕を生むコンパクト性と丸みを帯びたデザインを採用する。

定期的な清掃で省エネ性能の低下を防ぐ「フィルター自動おそうじ」、人の存在を検知してこまめに節電する「人感センサー」など省エネ関連機能を搭載。別売の無線アダプターを装着すれば、スマートフォンによる遠隔操作に対応する。

上位モデル「ZSシリーズ」は暖房能力の高性能化や、電気集じん方式のプラズマ空気清浄ユニットを搭載し、フィルター交換不要で室内の空気を清潔に保つ「プラズマ空気清浄」機能などを備える。

「ZSシリーズ」が単相100/200ボルト、適用畳数6〜26畳で全8機種。「GSシリーズ」が単相100/200ボルト、6〜23畳で全7機種をラインアップ。カラーはホワイト。

価格はいずれもオープン。