リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(兼アジアU−23選手権)のグループリーグ第3戦。日本はサウジアラビアに2−1で勝利し、3連勝を果たした。第2戦終了時点で、すでにグループ1位が決まっていた日本だったが、最後も勝利で締めくくった。

 率直に言えば、それほどいい内容の試合ではなかった。しかし、だからこそ、日本の背中を押す追い風が、試合を重ねるごとに強くなっているかのように感じたのも確かだ。

 試合は序盤から、サウジがペースを握った。ショートパスを主体に攻撃を組み立てながらも、時折、日本のDFラインの背後を狙ったロングボールも交え、日本陣内に攻め入った。

 その一方で日本は、うまくパスが回らず、なかなかリズムがつかめない。この試合でゲームキャプテンを務めたMF大島僚太は「中盤の3枚と前の3枚との距離感が悪かった。ビルドアップのところで(パスをつなげず)蹴ってしまい、セカンドボールを拾い合うオープンな展開にしてしまった」と振り返り、「僕も含めて(攻撃が)うまくいっていないと思っていた」と認める。

 ところが、そんな苦しい時間帯に、日本は大島の強烈なミドルシュートで先制。タイ戦でのFW鈴木武蔵のゴールもそうだったが、滅多にお目にかかれないようなスーパーゴールが毎試合のように決まり、前半のうちに貴重な先制点を手に入れてしまうのだから、今大会の日本には不思議な力が働いているとさえ思えてくる。

 チームを率いる手倉森誠監督自身、「いい運が巡ってきている。因果応報ではないが、何かが報われているのかな」と語るほどだ。今の日本はやることなすことうまくいく。そんな表現もあながち大袈裟ではない。

 指揮官が言うように、そこには少なからず運の要素もあるだろう。

 だが、もちろん、それだけで日本が勢いに乗っているわけはない。

 日本が現在、いい流れを引き寄せることができている要因のひとつに、選手を積極的に入れ替える起用方法がある。

 今大会の日本は完全なターンオーバー制とまではいかないまでも、試合ごとに選手を大きく入れ替えている。先発メンバーは第1戦から第2戦で6名、第2戦から第3戦で10名が入れ替わっている。

 その結果、全登録メンバー23名のうち、GK牲川歩見(にえかわあゆみ)をのぞく22名が最低1試合は先発出場した。

 全3試合に先発した選手はひとりもおらず、唯一FW久保裕也が3戦すべてに出場しているが、途中出場だった2、3戦目の出場時間は2試合合計でも30分程度と短いものだ。

 世界的に見て、サッカーという競技はリーグ戦をベースに行なわれており、時折、カップ戦などの試合が入ることはあっても、週1試合が基本だ。

 ところが、こうした国際大会では、短期間に集中して多くの試合をこなさなければならない。例えば、ワールドカップの場合、優勝するためには1カ月で7試合を戦う必要がある。

 肉体的な負担の大きいサッカーという競技の性質を考えれば、これはかなり異常な状況である。当然、試合を重ねれば疲労は蓄積し、パフォーマンスの低下につながる。とくに高い走力が求められ、ハードワークが当たり前の現代サッカーにおいては、その傾向が顕著だ。

 2014年ワールドカップブラジル大会を振り返っても、3位となったオランダは、登録メンバー23名全員を起用したことで話題となった。また、優勝したドイツにしても全員ではなかったものの、18名(うち16名が最低1試合は先発出場)の選手を回して7試合を戦い抜いている。

 それほど、短期決戦においては、いかに選手をうまく回して、チームとしてのパフォーマンスレベルを維持するかが、重要なポイントとなっている。

 まして今大会はワールドカップ以上に試合間隔が短く、19日間の大会期間で最大6試合を戦わなければならない。もはや主力を固定して戦うことには無理があるのだ。

 その点において、今大会の日本は非常にうまく選手を回して戦っている。手倉森監督が「限られた主力選手だけでなく、いろいろな選手が柔軟性を見せている。疲労困憊(こんぱい)でここまで来ている選手はいない」と語っているとおりだ。

 しかも、新たに起用された選手が期待に応え、結果を残すのも、勢いに乗る今の日本の特徴だ。

 先発10名を入れ替えたサウジ戦でも、後半開始早々、GK杉本大地からDF松原健につないだボールを(MF南野拓実のドリブルを挟んで)最後はMF井手口陽介が決め、決勝点となる2点目を奪っている。

 杉本、松原、井手口は、いずれもこの試合が今大会初出場初先発。そんな選手たちが、先制しながら流れを引き寄せ切れなかったチームに貴重な追加点をもたらすのだから、盛り上がらないはずがない。

 選手を大胆に入れ替え、代わって入った選手が活躍する。新しい選手が活躍するから、指揮官も信頼して選手を入れ替えられる。そんな好循環が、日本に勢いをもたらす一因となっていることは間違いない。

 殊勲の井手口にしても「試合前から自分のよさを出そうと思っていた。自分をアピールすることが頭にあった」と話し、試合に出たくてうずうずしていた様子をうかがわせていた。

 選手を大胆に入れ替える起用法について、手倉森監督は「フレッシュ(な選手)で戦える強みをピッチに注げる」ことと同時に、「他の国に(日本の)メンバーを絞らせない」こともメリットとして挙げている。

 たしかに、新しく出てきた選手がこれだけ次々に活躍すれば、次の試合に誰が出てくるのか、対戦相手にとっては読みにくい。チームのキャプテン、MF遠藤航は「誰が出ても同じサッカーができることを強みにしたい」と語る。

 もちろん、先にも触れたように、必ずしも試合内容がよかったわけではない。不安要素はいろいろとある。

 だが、23歳以下の若いチームでは試合ごとに出来不出来があって当然。無理なく多くの選手を起用し、かつ、これ以上ないほどの結果を残したことは大きな収穫だ。

 第3戦にして、一次予選から続いていた無失点記録こそストップしたが、ここまでの戦いは理想的と言っていい。3試合で選手をうまく回し、疲労を残さずに決勝トーナメントに駒を進められたことは、日本の大きなアドバンテージとなる。

 とはいえ、これからが本当の勝負だ。

 過去に行なわれたこの年代のさまざまな大会の実績と、今大会のグループリーグでの戦いぶりを併せて考えると、実力的にはおそらく韓国、イラクに開催国のカタールを加えた3カ国が、今大会のトップ3だろう。日本がリオへ行くためには当然、その一角を崩さなければならない。

 だからこそ、いかに過密日程のなかでもチームパフォーマンスを落とさないか、が重要なカギを握る。

 日本は、ただただ遮二無二に目の前の試合に臨むのではなく、先を見据え、余力を残しつつ、グループリーグ3試合を乗り切った。大一番となる準々決勝、準決勝へ向け、いい準備ができている。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki