サプリでも身近な成分に意外な効果が(筑波大学プレスリリースより)

写真拡大

筑波大学体育系の征矢英昭教授とラクワール・ランディープ教授の研究グループは、「アスタキサンチン」を摂取すると、脳の海馬の機能が向上し、学習や記憶能力が高まることをマウスで確認したと発表した。

アスタキサンチンは甲殻類の殻やマダイの表皮、サケの赤身などの赤色を発色させている天然の色素成分。リコピンやβ-カロテンと同じ、カロテノイドの一種としても知られ、高い抗酸化作用を持つとされている。

これまでの研究で、脳を損傷したマウスにアスタキサンチンを与えると、神経の炎症や死滅を防ぐ神経保護効果があることが示唆されていた。研究チームは、正常な状態のマウスにアスタキサンチンを与えると、神経が保護され学習、記憶能力が向上するのではないかと推測。

成熟したマウスを4つのグループに分け、それぞれ「偽薬(アスタキサンチンではない物質)が入ったエサ」「濃度0.02%のアスタキサンチンが入ったエサ」「濃度0.1%のエサ」「濃度0.5%のエサ」を与え4週間飼育した。

その結果、0.1%と0.5%のエサを食べていたグループは海馬の細胞数が増加。さらに0.5%のエサグループでは、新たな神経細胞も発生していた。

また、「モリス水迷路」というマウスの学習、記憶能力を調査する試験で偽薬マウスと0.5%のエサを取っていたマウスを比較したところ、後者の学習能力と記憶能力が有意に高くなっていたという。

研究チームは今後、より詳細なアスタキサンチンの作用機序を調査し、新たな健康食品や新薬の開発につなげていきたいとしている。

参考文献
Astaxanthin Supplementation Enhances Adult Hippocampal Neurogenesis and Spatial Memory in Mice.
DOI: 10.1002/mnfr.201500634 PMID: 26643409

(Aging Style)