伝説の味をカップで

写真拡大

エースコックは2016年1月4日、「タテロング 池袋大勝軒 復刻 カレー中華そば」を発売した。

人気ラーメン店である、池袋の「大勝軒」が監修した商品。同店が創業当時(1961年)に人気を博していたメニュー「カレー中華」を、「量も美味しさのうち」という池袋「大勝軒」の信念に基づき、タテビッグサイズのカップめんで再現した。

白飯投入でスープカレーも楽しめる!?

牛や鶏・たまねぎの旨みを閉じ込めた固形ルウと、カツオやサバなど魚介を用いたスープにガーリックやこしょうをきかせ、「カレー中華」のスープを再現。めんは食べ応えのある角刃の太めんだ。

創業者の山岸一雄氏(2015年4月1日没)の写真がドーンとあしらわれたパッケージの効果もあってか、買い求める人が続出しているようだ。

ツイッターでは、「おっきなカレールーが入ってた!」「すげえな。カレールーがまんま入ってやがる」など、まずフタを開けてお目見えする固形のルウに驚いている人が多くみられる。

味については、

「スパイシー感覚のカレー味!辛過ぎず美味しく食べました」
「今年は絶対ラーメンの汁飲まねえぞって心に決めてたのに、大勝軒のカレー中華そば(復刻版カップ麺)の前にあっさりと敗北した」
「最近のカップ麺で、一番旨いな一応 大勝軒カレー中華そば リピしてもいいレベル」

と、高評価が相次いでいる。

「大きなカレールーが入ってて残りにご飯を入れたらスープカレーにもなるなぁ」

という食べ方の提案も

一方で、

「復刻とありましたので期待したんですが、普通のカレーラーメンでしたね。出汁の利いたスープは良かったんですがね」
「美味いっちゃ美味いけど正直カップヌードルのカレー味と変わらんな」

との厳しい声も上がっている。良く言えば、安心感のある味...ということだろうか。

希望小売価格は205円(税抜)。