BLACKSAILS(C)2014 Starz Entertainment,LLC

写真拡大 (全4枚)

 映像配信サービス「dTV」と「Hulu」は21日、米チャンネル「STARZ」のオリジナルドラマ『Black Sails/ブラック・セイルズ』を2社共同で独占配信することを発表した。29日から配信を開始する。dTVとHuluの共同配信は初。

 『Black Sails/ブラック・セイルズ』は、『トランスフォーマー』『アルマゲドン』などを手掛けたマイケル・ベイ監督が製作総指揮を務め、エミー賞も輝獲得した人気作品。世界的に有名な小説「宝島」の20年前を描いており、幻の財宝を積んだ船をめぐり、荒くれ者達がルール無用の出し抜き合いを、カリブ海を舞台に繰り広げるアクションアドベンチャーだ。伝説の海賊キャプテン・フリント役は『007/ダイ・アナザー・デイ』のトビー・スティーヴンス。

 アメリカではこの1月よりシーズン3が放送開始となる予定。日本では1月29日にエピソード1〜4一挙配信、2月12日におエピソード5〜8(シーズン1最終話)を、初めて配信する。

 また「dTV」では2月1日より、岸田國士戯曲賞受賞の鬼才・三浦大輔が手掛けたオリジナルドラマ『裏切りの街』の独占配信を開始する。主演は池松壮亮と寺島しのぶ。

 『裏切りの街』は、平凡な専業主婦と15歳年下のフリーターによる禁断の恋愛とその果てを描いた作品。原作では描かれなかった衝撃の結末が新たに加えられているという。dTVが手掛けるオリジナル作品としては、初めてR15指定作品となる。また、dTVオリジナル作品では初めて4K画質にも対応する。

■関連リンク
BLACKSAILS特集|dTV
裏切りの街特集|dTV