チャリティ基金の贈呈式に参加した木戸愛 今季、今後の目標を語った(撮影:ALBA)

写真拡大

 1月20日(水)、木戸愛が株式会社Tポイント・ジャパンと共に実施したチャリティ基金の贈呈式に登場。オフの課題、今シーズンの目標を語った。
【関連写真】ショット写真からドレス姿まで!木戸愛フォトギャラリー
 現在は国内にてトレーニングを中心に練習を行っている木戸。今年の始動は早く、1月1日に初打ちを行った。「300球ほど打ちました。元日に始動したのは気合いを入れるためというか、“やってやるぞ”という気持ちから」と理由を明かす。
 今後は27日にハワイに出発。チーム芹澤で行う合宿に参加する。「このオフは自分の武器であるショットを磨くと共に、足りないショートゲームを強化したい」。長所を伸ばし短所を改善する、とシンプルに課題に取り組んでいく構えだ。
 そうして目指すのは現実的な数字。「今年の目標は優勝と賞金5,000万円突破です。私にとって5,000万円という数字は未知の世界。自分はコツコツ型だと思っているので、まずはそこを目標に一段ずつ階段を登っていきたい」。大きすぎない目標を掲げて、自分らしく戦っていく。
 その一歩一歩進んだ先に見据えるのは夢の祭典だ。「今年のリオ五輪にでるのは難しいと思う。だけど東京五輪は自分にもまだまだチャンスがあると思っている。1つ1つ自分の目標をクリアして出場できるように頑張りたい」と木戸。「まずは今年の開幕戦のティグランドに自信を持って立てるように」と残り1か月半しっかりと研鑽を積む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】上田桃子 最大の武器は下半身をしっかりと使った“アドレス力”
木戸愛がLPGAにジュニア育成基金を寄付「東京五輪でメダルを獲れる選手を」
「TOTOジャパンクラシック」の舞台が決定!今年は関東で日米決戦
本間ゴルフが今年も勢力拡大!木戸愛、永井花奈が『TEAM HONMA』加入!
メジャー制覇、1億円プレーヤー、賞金女王…女子プロたちが語る2016年の抱負