確実にチームにフィットしてきている。そして、自らの持ち味も発揮しつつある。U-23日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)が爆発する時は確実に近付いているようだ。

 グループリーグ第3節サウジアラビア戦、3試合連続出場となった南野は4-3-3の右ウイングで先発出場を果たす。前半はボールに絡む回数は限られたが、PA内まで進入してフィニッシュの場面に顔を出すなど、ゴールへの意欲を示す。そして、後半に入るとよりボールに絡む回数を増やすだけでなく、チームメイトとの連係で相手守備網を切り裂く場面を作り出した。

 右サイドでボールを受けると、中央に向かってドリブルを開始。周囲の仲間とのパス交換で敵陣深くまでボールを運んで好機を生み出そうと奮闘。「試合を重ねるごとに、そういう場面が多くなっていると思うし、いい形で攻撃ができたと思う。個人的にも良くなってきています」と連係向上に自信を覗かせる。

 そして、アシストという結果もきっちりと残した。後半8分、後方のDF松原健(新潟)からパスを呼び込むと、右サイドから切れ味鋭いドリブルでPA内に進入。相手DF数人に囲まれながらも、落ち着いてMF井手口陽介(G大阪)へとラストパスを通してチーム2点目を演出した。「何か結果がほしかったので、アシストを記録できたのは個人的に良かったと思います」と安堵の表情を見せる。

 しかし、ここで満足することはない。「チームが勝つことが一番大事。チームのためにやるだけ」と強調しつつ、「ボールをつなぐことができたらチャンスは来ると思うし、大事なところで試合を決めるゴールを取れるように準備しておきたい。次ですね」と力を込める。連係面が向上して迎える決勝トーナメントで、ついに爆発のときを迎えるか。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集