モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、燃費が悪く故障が多いというイメージが強かったが今は劇的に改善されたアメリカ車、しかもモテ車であるアメリカンSUVについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。アメリカ車と聞いて、思い起こすことはなんだろう。「ガス食い」とか「エンジンルームにコーラの壜(工員がクルマを作りながら飲んでいて置き忘れた)」といったネガティブなことかもしれない。信頼性が高いと思っている方など皆無に近いだろう。

 だが、その発想はもはや時代錯誤も甚だしい! そりゃまあ、信頼性は日本車よりは多少低い。が、アメリカの評価では、その差はわずかだ。大手調査会社のJ.D.パワーによる昨年の品質調査では、シボレーやリンカーンがトヨタの上に来たほどだ。

 これまで43台のクルマを買ってきた私に言わせれば、21世紀以降、世界の自動車の品質はほとんど均質化している。どのブランドに乗ってもそう故障するものではない。せいぜい日本車の2倍故障する程度だ。日本車の故障がゼロなら、その2倍もゼロ。心配することはない。

 アメリカンSUVは、伝統的に美女の評価が高い。美女はでっかくて見晴らしがよく、ぶつかっても丈夫そうなクルマを好むが、アメリカンSUVはまさにソレ。先入観を捨て、一度トライしてみてはいかがだろう?

 そこでオススメモデルだが、一番手はフォードのエクスプローラーだ。さすがアメリカンSUVだけにサイズはデカい。幅2m、長さは5mもある。

「そんなデカいクルマじゃ、近所の買い物に不便だよ!」

 そう仰る御仁もいようが、乗ってしまえば大したことはない。宅配便のトラックにはこれより大きいものもある。配達に使えて買い物に使えないはずはなかろう。

 このデカい図体に積まれるエンジンは4気筒のターボで、排気量はたったの2.3リットル(他に3.5リットルのV6もアリ)。そんなのでまともに走るのか? と思ったら、これが実に力強いし、排気音も「ブリブリブリ!」と心地よい。

 こういったいわゆる「ダウンサイジングターボ(小排気量の直噴ガソリンターボ)」技術に関しては、アメリカ車は日本車の上をいっている。本当の話である。燃費も決して悪くない。高速をユルユル流せばリッター12km、街中でも8kmくらいいく。いつまでもガス食いのままでは絶滅してしまうから、アメリカ車だって必死だったのだ。

 もちろん、コイツに乗れば気分は無敵だ。優越感もさることながら、万が一ベンツとぶつかってもこっちの勝ちだ(と思う)。それでいてお値段は489万円から。容積あたりの値段なら日本車より安いくらいだ。

 見た目もカッコいい。フロントグリルなど、英国の名門・レンジローバーを思い起こさせる上品さである。しかもこのエクスプローラー、3列シートの7人乗りだから、ミニバンの代わりにもなる。「美女ウケ」と「ミニバンの実用性」の両手に花なのだ。

「それにしたって、いくらなんでもデカすぎるよ! もうちょっと小さいのないのかい?」

 そう仰る方には、ジープ・レネゲードをおすすめしたい。サイズはトヨタ・RAV4とほぼ同じ(幅1805mm、長さ4255mm)だから、デカくて持て余すことはまったくない。ジープ伝統のゴツさとキュートなかわいさが融合されたスタイリングは、美女ウケ抜群だ。実際、このクルマを雑誌の企画で撮影した際、モデル嬢たちは「カワイイ!」の大合唱だった。お値段も297万円からと完全に日本車並みである。

 主力エンジンはなんとイタリア製。フィアットの1.4リットルターボである。ジープを作っているクライスラー社は、経営危機で2年前にフィアットに身売りした。よって開発は両社の共同、生産はイタリアの工場という、アメリカとイタリアの合作なのだ。先入観の強い方には「一番故障しそうじゃないか!」と突っ込まれそうだが、リスクのないところに勝利はない。美女ウケを狙うなら、多少の冒険も必要ではないだろうか?

 繰り返すが、故障の頻度は最大でも日本車の2倍くらい。大したリスクではない。あらゆる激安中古ガイシャを乗り継いできた私が言うんだから間違いない。

※週刊ポスト2016年1月29日号