ゴルフ界の「レジェンド」青木功氏

写真拡大

 400勝投手として野球界を代表する金田正一氏(82)と、日本人初の米国PGAツアー優勝などゴルフ界を代表する実績を持つ青木功氏(73)、レジェンド同士の奇跡の対談が実現した。公に対談をするのは今回が初めてだという2人が、圧倒的な強さで史上最高のプロゴルファーと呼ばれたジャック・ニクラウスと互角に戦った1980年のことを振り返った。

──青木さんは1980年の全米オープンで、あのジャック・ニクラウスとも互角に戦いました。

青木:「あの」とかいっている時点でもう負けているんですよ。当時も報道陣から「帝王と回る気持ちは?」なんて聞かれたね。でもオレは「帝王って何だ? 帝王切開で生まれたのか?」と聞き返してやった。「同じくお母ちゃんのお腹から出てきた1人の人間だ。彼がそれで帝王なら、オレだって帝王だ」くらいの気持ちでやっていたからね。

金田:他の日本人プロゴルファーと違うのはそこだよ。惜しくも2位に終わったが、あの勝負は痺れたな。それに1983年の「ハワイアンオープン」でチップインイーグル(128ヤード)での逆転優勝。あれは本当に奇跡だ。

青木:同じ場所から30万回打って1回入る確率だそうですよ。

金田:ワシはレポーターとして18番グリーン横で目撃していた。もう我がことのように嬉しかったよ。しかしそんな実力があるのに、なんでマスターズでは振るわなかったんだ?

(*編集部注・青木は4大メジャーでマスターズのみトップ10入りを果たしていない)

青木:最初に「マスター」と呼ばれる頂点を極めた選手の試合だと聞いたから、日本人代表という意識が強すぎたんだと思う。欲が先行してしまったというか、自分自身のコントロールができなかった。今から考えると、普通にやれば勝てたかなと思いますけどね。

●かねだ・まさいち/1933年、愛知県生まれ。1950年に国鉄入団。入団翌年から1964年まで、14年連続で「20勝以上・300投球回数以上・200奪三振以上」(プロ野球記録)。1965年に巨人に移籍し、1969年に通算400勝を達成して引退。365完投、4490奪三振など、数々の日本プロ野球記録を作った。監督としては1974年にロッテを率いて日本一。1988年に野球殿堂入りを果たす。

●あおき・いさお/1942年、千葉県生まれ。国内通算57勝(賞金王5回)。海外では1978年に欧州ツアーの「世界マッチプレー選手権」を制したのを皮切りに、1983年には「ハワイアンオープン」で日本男子初の米ツアー優勝を飾り、1989年には豪州ツアーでも勝利して日米欧豪の4ツアー制覇を達成。1992年からは米シニアツアーに参戦して通算9勝。2004年には日本人2人目となる世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。

※週刊ポスト2016年1月29日号