ご飯やパスタ、ラーメンなどの炭水化物は美味しいですが、炭水化物を食べれば血糖値は上昇します。食べ過ぎが生活習慣病や糖尿病などの原因になるだけでなく、血糖値が急激に上がることで摂取した炭水化物が脂肪として体内に溜まりやすくなってしまうのです。肥満は、実は、脂質よりも炭水化物などの糖質が原因であることが多いもの。そんな時は食後30分に簡単な運動をしてみてください。執拗に襲ってくるランチ後の眠気も撃退できるかもしれませんよ。

血糖値のピークは食後30分〜1時間の間だった!

糖質を摂取すると血糖値が上昇しますが、そのピークは食後30分〜1時間の間です。血糖値の上昇を抑えるためにインスリンが分泌されますが、インスリンには脂肪の生成を促進し体に溜め込もうとする働きがあるのです。一方、糖質は消化されると脂肪酸となり、体の脂肪のもとになります。これらの動きが食後30分〜1時間の間に起こっているのです。食後の眠気も血糖値の乱高下と無関係ではありません。

食後30分の運動がメタボにいいのはどうして?

糖質を消化することによってできる血中の脂肪酸は、エネルギーに替わりやすい特徴があります。脂肪酸が脂肪になる前に運動で消費してしまえば、脂肪として蓄えられるのを防ぐことができます。血中の糖質を消費できれば、高血糖の状態を防ぐこともできるので、インスリンの分泌も抑えられます。毎食後に運動することで、メタボも解消できますよ。血糖値の乱高下が抑えられれば、食後の眠気も軽減できるはず。午後に重要な会議が控えているなら、ちょっとした運動は必須です。

有酸素運動がおススメ! ただし食後すぐはNG!

運動するならなるべく早くといって食後すぐに運動をするのはNGです。食後は消化のために血液が胃に集中する時間帯。運動によって血液が筋肉の方へ行ってしまうと、消化が進まず内臓に大きな負担をかけてしまいます。また食後1時間を過ぎると、血糖値のピークが過ぎてしまっているので効果はありません。運動は食後30分を過ぎてから。酸素を使って脂肪を燃焼する効果がある有酸素運動がおススメです。ランチの後にそんな余裕はない、という方は5分程度、止まった位置で足踏みやスクワットをするだけでも構いません。夕食後なら30分経ってから、皿洗いなどでも良いのでとにかく体を動かしてみましょう。


writer:岩田かほり