■2016年シーズン・10大注目ポイント@前編

 F1の2016年シーズンは3月18日〜20日、メルボルンでのオーストラリアGPで幕を開ける。開幕まで残り約2ヶ月、ファンにとっては待ち遠しい日々が続く。そこで今回は、2016年シーズンの注目ポイントを10点、ピックアップしてみた。

(1)メルセデスAMGの覇権は続くのか?

 2015年シーズンはメルセデスAMGが19戦16勝を挙げ、18戦でポールポジションを獲得。2年連続してダブルタイトルを制覇した。その圧倒的強さは、「F1を退屈にした」とさえ言われるほどだ。今シーズンも彼らの覇権は続くのだろうか?

 F1パドックでは、「彼らのアドバンテージはあと数年続く」というのが、大方の見方だ。その原動力は、やはりパワーユニット(PU)にある。

 エンジンの排ガスで回すタービンと、その回転力で吸気を圧縮するコンプレッサーをPUの前後に分けて配置し、タービンに接続するMGU-H(※)の性能を高めた。そのため、メルセデスAMG製PUは基本的なパワーだけでなく、エネルギー回生システムの効率にも優れ、なおかつ信頼性も高い。そして冷却に優れているため、空力的にも優しい。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 メルセデスAMG製PUを使う、あるカスタマーチームのエンジニアはこう語る。

「メルセデスAMGのPUは、2014年の新規定スタート時から大きなアドバンテージがあった。現在のレギュレーションでは毎年48%の変更が認められているとはいえ、根本的な構造変更は難しい。他メーカーがその差を取り戻すのには、2〜3年はかかるだろう」

 昨シーズン後半は、メルセデスAMG本家だけが2016年型を視野に入れ、実験的改良を加えた新型PUを使用した。車体面でも金曜フリー走行で実験的なパーツを次々と試すなど、圧勝しているからこそ未来に目を向ける余裕も十分にあった。その点でも、彼らはライバルの一歩先を行っていたことになる。技術レギュレーションが大きく変わらない2016年は、「メルセデスAMGの牙城が揺らぐ」とは考えにくいと言わざるを得ないだろう。

(2)復活したフェラーリの王座奪還は成るのか?

 2014年、フェラーリは1993年以来の未勝利に終わる大失態を演じたが、昨年は3勝を挙げて復活を遂げた。その背景にあったのは、2014年末にチーム代表に就任したマウリツィオ・アリバベーネによる組織改革だった。

「マラネロといえば政治」と言われるほど、歴史的に内部抗争の激しいフェラーリだが、ここ数年はF1界のトレンドに倣(なら)う形で空力部門が大きな発言力を持ち、結果、その他が軽視される傾向となって多くの部門が士気を失いかけていた。

 しかし、アリバベーネは組織を再編し、PU性能の向上に主眼を置くとともに、全部門が一体となって開発にあたることを徹底させた。さらに、自身が責任を請け負うことで、多くの部門が自由にチャレンジできる雰囲気をもたらした。

「私が初めてこのチームにやって来たとき、『非常に分裂したチームだな』と感じた。各部門を見て回ると、そのほとんどが自己保身的で、私は『こんなのチームじゃない』と心のなかで思ったんだ。私にとっての最初の仕事は、彼らをもう一度、結束させることだった」

 組織改革の初年度は「シーズン3勝」という目標を掲げ、まさにそれを果たした。ただ、アリバベーネは最初から新たな組織がこれほどうまく機能するとは思っていなかった、とも言う。

 新組織の2年目となる2016年は、この体制でゼロから作り上げた初めてのマシンで臨むことになる。メルセデスAMGの牙城は鉄壁だが、フェラーリがそれにどこまで迫ることができるのか、非常に興味深い。

(3)大混戦が予想される中団グループの筆頭は?

 2016年も中団グループの争いは極めて熾烈で、よりエキサイティングなものになりそうだ。2016年最大の見どころは、そこかもしれない。

 なかでももっとも注目すべきは、昨年フェラーリに次ぐランキング3位となったウイリアムズだろう。昨年型FW37に優勝争いのポテンシャルがないと見るや、後半戦は開発を切り上げて、早くから2016年型マシンの準備にリソースを割いてきた。

「だから後半戦は苦労させられたけど、僕らはトップチームに較べて少ない予算を効率的に使わなければならない。僕らにとって重要なのは2016年だ」(バルテリ・ボッタス)

 一方、「車体性能ではピカイチ」と言われるレッドブルは、紆余曲折の末にルノー製PUをタグホイヤーの名で使用することになった。2016年の改良型PUの性能によっては、中団グループのトップをウイリアムズと争うばかりか、ふたたび優勝争いに絡んでくる可能性もある。逆に、2015年型フェラーリ製PUを押しつけられた形のトロロッソは苦戦を強いられるだろうが、「ルノー製PUで戦った2015年よりマシ」(マックス・フェルスタッペン)な戦いができるかもしれない。

 フェラーリもPUをさらに進化させてくるはずで、ザウバーとハースはその恩恵を受けることになる。メルセデスAMGとフェラーリのPU性能差が縮まることは、ウイリアムズやフォースインディア、ザウバーやハースといった、中団に位置するそれぞれのカスタマーチーム格差が縮まることも意味するのだ。

 また、型落ちマシンで低迷していたマノーも浮上が予想され、2年目のマクラーレン・ホンダもいよいよ上位を視野に入れてくるだろう。昨年の最終戦・アブダビGPでも、すでに中団は予選Q1で1秒以内に14台がひしめく激戦になっていたが、2016年はそこへさらに2チーム4台が加わって、よりいっそう激しい争いになる。そうなれば、グランプリごとにガラリと順位が入れ替わる、予測不可能な展開も十分にあり得るだろう。

(4)ルノーワークスが復活し、レッドブルは孤立する?

 ルノーが財政難のロータスを買収し、ワークスチームとしてF1に復活する。母体は、かつてルノーとして2005年・2006年、ベネトンとして1994年・1995年に王座を獲得したイギリス・エンストンを本拠地とするチームだけに、リソースさえ適切に与えられれば、彼らは高い戦闘力を発揮してくる。事実、あれだけ財政難に苦しみ、参戦することすらままならないような状況のなかでも、昨年のロータスは表彰台すら獲得して78ポイントを積み重ね、ランキング6位に入ってみせた。

 カルロス・ゴーンCEOは、「まずは基盤を立て直す。成功を収めるまでには3年かかる」と語るが、1977年の初参戦から1985年までと、2002年〜2011年のワークスチーム参戦以外でもエンジン供給者(1987〜1988年のみ活動休止)として何らかの形でF1に関わり続けてきたルノーだけに、成功までの道筋は現実的に見定めている。

 一方、昨年の舌戦を経てルノーとの関係が悪化したレッドブルは、それまでのワークス待遇は失われ、カスタマーチームへと格下げになった。PU探しの過程で撤退をちらつかせ、強引な姿勢を見せたことで他メーカーからも冷たい態度を取られており、F1界からやや孤立しつつあるのが気にかかる。彼らはレースを戦いながら、同時にチームの未来をも考えていかなければならない。

(5)財政難チーム続出。F1の魅力が失われる?

 ここ数年、いくつかのF1チームの財政事情は日増しに悪化している。HRT、ケータハム、マルシア、そして昨年はロータスがチーム消滅の危機に瀕(ひん)した。参戦を続けてはいるが、ザウバーやフォースインディアなども、楽な状況ではない。

 小チームでも年間100億円近い予算を使っていながら、目先のパーツ代や宿泊費に困窮するというのも不思議な話だが、財政をさらに悪化させた大きな要因は、2014年から導入されたPUであることは間違いない。

 F1にPUを供給する4メーカーは、それぞれ供給費として約30億円前後の代金を設定している。コスト削減のために「年間4基・開発凍結」というルールが設けられているものの、複雑すぎるPUの製造には莫大なコストがかかるうえ、そこに至るまでの研究開発や設備投資にはさらに巨額の費用がかかっている。PUの運用に専属のスタッフが帯同することも欠かせず、そのための機材も必要になる。

「こうしたコストをすべて含めて試算すれば、供給代金はとてつもない額になってしまう。(年間30億円程度では)とてもじゃないが、ビジネスとして成り立つものではない」(ホンダ・新井康久F1総責任者)

 さらに2016年、予定どおり21戦が行なわれることになれば、年間4基の制限が拡大されて5基となり、製造コストはさらに高くなる。これでは、カスタマーチームの負担は増えるばかりだ。

 エコロジーを考慮してFIA(国際自動車連盟)が推進した新PU規定だが、結果的に中小規模チームを大いに苦しめることになってしまった。巨額の持ち込み資金を持つ"ペイドライバー"を中小規模チームが起用せざるを得ないのも、こうした状況ゆえ。

 2016年に向けてどのチームも財政基盤を整えつつあり、すぐに消滅チームが出てくるような状況ではない。しかし、世界経済が好転せずにスポンサーの開拓が進まない現状が変わらなければ、財政難にあえぐチームが出てくる可能性があるだけでなく、「F1が魅力的でない」というイメージがさらに進んでしまう危険性も秘めている。

(後編に続く)

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki