今、日本のバスケットボール界でもっとも注目を集めている選手といえば、明成高校3年の八村塁(はちむら るい)だろう。

 高校ナンバーワンを決定するウインターカップではエースとして明成を3連覇に導き、高校2年時に出場したU17世界選手権では平均22.6点で得点王を獲得。NCAA(全米大学体育協会)でエリート8(ベスト8)の実績を持つゴンザガ大への進学希望を表明しており、NCAAの強豪校から勧誘を受けた初の高校生として高い注目が寄せられている。「将来はNBAを目指し、日本を引っ張る選手になりたい」と目を輝かせる期待の17歳だ。

 そんな八村塁が、ウインターカップの優勝インタビューにて満面の笑顔で語った「バスケはすっごい、すっごい、楽しいです」――の言葉は強烈なインパクトを残した。もっともこのフレーズは1年時の優勝インタビューで「バスケは楽しい」と語ってから"お約束"になっていた。2年の時には「すっごい」が強調され、3年時には「すっごい、すっごい」と年々実感がこもる言葉と比例するような成長ぶりを見せたことで、スポーツの原点を、17歳の少年によって改めて気づかされた。

「楽しい」といっても、高校での部活動が決して楽だったわけではない。むしろウインターカップを6回も制した実績を持つ佐藤久夫コーチ率いる明成は、「365日×3年間の取り組みを大事にすること」をモットーとし、緻密な指導に定評がある高校界屈指の強豪である。そんな厳しい環境の中で、心底「バスケが楽しい」と笑う八村を突き動かしているものは何だろうか――。

 身長201cm、体重98kg。伸ばした両手のウイングスパンは215cmにもなる。ブロックショットやリバウンド、ダンクシュートは高さとパワーがあり、一方でしなやかな身のこなしと柔らかいシュートタッチも兼備。そんな恵まれた体躯を持つ八村の17年間は「出会いと感謝の連続」だったという。ベナン人の父と日本人の母を持つ八村は「ハーフであることがうれしい」と素直に言う。「ここまで動ける体に生んでくれた両親、バスケと出会った中学時代、バスケの基本を叩き込まれた高校時代があるからこそ今の自分がある」と感謝の気持ちも忘れない。

 決して、素材の良さだけで注目を集めてきたのではない。日々の積み重ねこそが今の八村塁を形成しているのだ。

 佐藤コーチは彼の将来を考え、ポジションを固定せずにプレーの幅を広げて育成してきた。下級生の頃は本人も認めているように「さぼりグセ」が目立った。しかし今では何度もリバウンドやブロックに跳び続ける根気を練習で養い、試合では誰よりも高く跳び続けている。こうしたしつこさは明成の選手の誰もが心がけていることで、球際を制する練習や1対1の状況でシュートを決め切ることを徹底してやってきた。

 また、八村は高校2年で出場したU17世界選手権を経験してからは、当たり強い体を作る必要性を痛感し、トレーニングにも精を出すようになった。もっとも力を入れてきたのがバランスのいい筋力作りだ。トレーニングを指導する高橋陽介アスレティックトレーナーはこのように語る。

「個々の能力が高かった八村の代は、佐藤コーチのバスケを毎日学んで吸収してほしかったので、例年以上にケガをしない体作りをしてきました。具体的に言うと、上半身のトレーニングをしながら下半身を正しく使うなど、ひとつの筋肉より全身をうまく使うコーディネーション系の、協調性のあるトレーニングを多く取り入れました。体の厚みや太さをつけるトレーニングは、体が大きくなりやすい大学生になってから鍛えても効果は出てきますが、正しい体の使い方や基礎筋力をつけることは若い高校生のうちに身につけたほうが、パフォーマンスは向上します」

 バランスのいい体作りによって大きなケガもなく、心技体を鍛えた3年間。八村の言う「楽しかった」とは、毎日の取り組みこそが成長につながることを実感し、そのプロセスをコートで発揮できたからこそ、心の底から出てきた言葉なのだろう。

「毎日本気で練習をやってきたから、それが出せる試合がすっごく楽しかったです」

 もっとも八村に言わせれば、楽しいのは試合だけはないという。「久夫先生は自分のことを『ダイヤモンドは傷つけて磨かなければ光らない』と言ってくれたから、痛めつけられている練習でもうまくなると思えば楽しく感じた」と言ってのける。そんな八村の成長を見て、佐藤コーチはこのような指摘も忘れない。「ウインターカップの決勝は90%の力を出してくれた。けれど普段からもっと力を出せるはず」

 それも致し方ない。八村は日本の高校にはライバルがいなかった。だからこそ、佐藤コーチは日本を飛び出す八村に対しては限界を作らず、幅広いポジションを経験させてきた。しかし恩師の指摘に関しては本人にも言い分がある。試合のピーキングを重視しているのだという。

「ずっと全力でやっていると、ここだという時に力が出ない。大事な時にもうひとつ先の力を出すことが大事」だと心得ているようで、佐藤コーチも「余力を残していることで周りがよく見えているし、ある意味、強い相手とやればやるほど本領を発揮する物怖じのなさはこれまでの日本にはいなかったタイプ」だと認めてもいる。

 次なる舞台では100%、もしくはそれ以上の力でやらなければ蹴落とされる競争世界に飛び込む。強い相手とやり合うことで発揮する力はどう進化していくのか。佐藤コーチは高校3年間での土台作りを終え、「今よりももっとガツガツとお腹をすかせるようなハングリーさを出してほしい」との課題を与えて送り出す。

 すでに厳しい現実に直面もしている。現在は、9月の入学を目指して猛勉強中だが、NCAAでプレーするためには、高校の評定平均(GAP)および英語での大学進学適性テスト(SAT)の点数がNCAAの基準を満たす必要があり、準備段階であるプレップスクールを経ずに、ストレートにNCAAの強豪校に入学するのは難関だと言わざるをえない。それでも今は「バスケのためならば勉強も苦ではない」とハングリーさが出てきたところだ。

 これまでもこれからも、八村を突き動かしているのは「バスケがうまくなりたい」――というモチベーションだ。17歳の今は苦しいことから逃れず、ただひたすらにチャレンジしていくことが成長につながる。

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko