2015−2016年米ツアーのソニーオープン(1月14日〜17日)がハワイのワイアラエCCで開催された。日本人選手は、米ツアーを主戦場とする石川遼(24歳)、岩田寛(34歳)に加えて、日本ツアー組から武藤俊憲(37歳)、谷原秀人(37歳)、宮里優作(35歳)、片岡大育(27歳)、小平智(26歳)と、計7名が参戦。そのうち、谷原、宮里、片岡がファイナルラウンドまで駒を進め、通算10アンダー、33位タイという成績を残した片岡が、日本人最上位でフィニッシュした。続いて、宮里が通算4アンダーの70位タイ、谷原は通算3アンダーで73位だった。

 年明け初戦を迎えた注目の石川は、ソニーオープン3度目の出場で初めて予選通過を果たしたが、3日目にスコアを崩して、前日の66位タイ(3アンダー)から84位タイ(イーブンパー)に後退。米ツアーの規定(※)により、最終ラウンドに進むことはできず、3日間のプレーで大会を終えた。
※米ツアーでは予選通過者が79名以上だった場合、第3ラウンド終了後に上位70位タイまでに入れなかった選手はカットされ、ファイナルラウンドには進めない。

 昨年末、日本ツアーの最終戦となる日本シリーズJTカップ(2015年12月3日〜6日/東京都)を制して、国内メジャータイトルを初めて獲得した石川。2015年を最高の形で締めくくっていただけに、2016年も好スタートが期待されたが、決して相性がいいとは言えないコースに苦しめられた。大会前日、「そんなに絶好調じゃない。ショットそのものが、です」と語っていたとおり、ショットの乱れからスコアを大きく伸ばすことができなかった。

 初日は難しい風の中、出場3度目で初のアンダーパーをマークした。しかし、一時は4アンダーとしながら、終盤でスコアを落として3アンダー、33位タイにとどまった。ラウンド後、石川は納得のいかない表情を浮かべて練習場に直行した。

「昨日までの練習と同様、しっくりこないままのラウンドとなった。(アンダーパーを記録したが)すごく調子がいい、ということはなかった。ショットは最後までよくなくて、ドライバーがそれほど荒れていなかったので、なんとかやれた感じ。自分のスイングを信じ切れない部分がまだあって、それが影響したショットもいくつかありました。この風の中、自分的にはいっぱい、いっぱいでしたね......。それでも、(マネージメントにおいては)精神的な部分で負けていなかったし、難しいホールでもしっかりと狙ったところに打っていけました」

 2日目は、ティーショット、セカンドともに左に曲げることが多く、ほとんどチャンスをつかめぬまま「70」のイーブンで終了。3日目は、出だしの10番でボギーを叩くも、11番から3連続バーディーを奪って一気に盛り返していくかと思われたが、不安定なショットは最後まで改善されることなく、その後はボギーを連発。トータル7つのボギーを叩いて、最終日までラウンドできずに会場をあとにした。

「(2日目は)アイアンはひとつもいいショットがなかった。自分でゴルフを難しくしてしまった。決して難しいコースではないのだろうけど、自分にはいいイメージがまったく沸いてこない。その分、難しいコースに感じた。アイアンに関しては、下が結構硬くて、打ち込み切れていない。肩とか肋骨とかにも響いてきて、練習ラウンドでも一度、筋肉の炎症を起こしたような感じになった。それで、怖がっている感じがあった。それでも、最後まで自分のやるべきことはやって、集中を切らさずにできたと思います。

 3日目は、全体的に調子がよくなかった。スイングがガチャガチャになってしまった。結局のところ、言い訳ではないですけど、試合を通して、いい状態に持っていくことができなった。それが、今大会の一番の反省点。単純に(試合前から)しっくりした打ち方ができていなくて、いいショットが出ても、それを続けられなかった。特にアイアンは、(ピンに)びたびたと絡んでいく雰囲気がまったくなかった」

 3日間のラウンドを通して、厳しい表情を浮かべていることが多かった石川。だが、気持ちは常に前向きで、今後に向けてポジティブな発言を繰り返した。

「年末年始はゆっくりしたので、気持ちとしては、新たな気持ち。(このオフは)最後に(日本シリーズJTカップを)勝ってオフを迎えたので、何かを直さなければいけない、という感じではなく、今のままレベルを上げていくことを考えてトレーニングをこなしてきた。あとはメンタル面もやってきて、それもこれから続けていきたい。

 今大会では、自分の体調も、コンディションも完璧ではなかった。ただ、昨年の今頃と比べたら(自分は)もうぜんぜん違う。今は、調子がいいか、悪いかがわかる。それだけでも(自分の)成長を感じる。自分の体とクラブとの一体感が出てくれば、問題ない。今後も、自分のいいところを伸ばしていきたい。次戦は、好きなコースのトーリーパインズGC(ファーマーズインシュランス。1月28日〜31日/カリフォルニア州)。まずは、そこに向けていい調子で迎えられるよう、しっかり調整していきたい」

 調子が今ひとつで、苦手なコースでありながら、果敢に攻め続けた石川。悪いなりにも過去最高の結果を残したことは確かだ。米ツアーに本格参戦を果たして、はや4年目。彼らしい強気な姿勢を貫いて、周囲をあっと言わせるような結果を生み出してくれることを期待したい。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva