日経平均が大幅反落 下げ幅は一時500円を超え1年3カ月ぶりの安値水準

ざっくり言うと

  • 20日の東京株式市場は売り注文が先行し、日経平均株価が大幅に下落した
  • 下げ幅は一時500円を超え、節目の1万7000円を割り込んだ
  • 2014年10月31日以来、約1年3カ月ぶりの安値水準となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング