サイボーグ精子「スペルマ・ボット」は男性不妊を解消する?

写真拡大

ドイツのナノサイエンス研究所は、動きの悪い精子の動きを高める「スペルマ・ボット」(spermbot)を開発した。

英国では、カップルの6組に1組、350万人が不妊症だ。全世界では、さらにものすごい数の人たちが、なかなか妊娠できないでいる。体外受精や人工授精という方法はあるが、どちらも成功率は約20パーセントとかなり低い。

「サイボーグ精子「スペルマ・ボット」は男性不妊を解消する?」の写真・リンク付きの記事はこちら

不妊症の理由はさまざまで、女性では排卵欠如や卵管の閉塞、男性では精子の運動性の低下という問題がある。

関連記事:世界中で男性の生殖能力が低下している!?

精子の運動性とは、1人の男性が持つ精子の数である精子数ではなく、精子がもつ泳ぐ力のことだ。健全な運動性をもつ精子とは、ずっと円を描いたり動きが遅かったりしない、前進できる精子のことで、AからDの4カテゴリーで評価される。

今回、ドイツの統合ナノサイエンス研究所(Institute for Integrative Nanosciences、IIN)の研究チームは、そうした動きの悪い精子の動きを高める方法を開発した。

「スペルマ・ボット」(spermbot)は、回転磁界で制御する、螺旋状の小さな金属だ。この螺旋の金属を精子に巻き付かせることで、精子を卵子へと進ませることができ、受精へと導く。

精子の頭部ではなく尾に巻き付く大きさであり、磁界を操作することで制御できる。精子が卵子の中に潜ると、その精子の尾は取れる。

この新しい治療法は、これまでにウシの精子でしか試験されていない。人間でもうまくいくのかはまだわかっておらず、例えば、人間は異物を拒絶するかもしれない。しかし、機能すれば画期的なものになる可能性がある。

スペルマ・ボットは体外受精より仕組みがはるかに単純なので、費用も、従来の高価な手法よりも大幅に抑えられるだろう。

研究チームは、「残念ながら、医用生体工学における多くの期待できる適用分野と同じように、人工的な動力によって精子を運搬することから、実際の受精までは、まだ長い道のりがあると見られる」と書いている。「しかし本研究は、基本的に生体にも適用できる人工生殖への新たなアプローチの証明に貢献するものだ。こうした人工生殖は、あらゆる合併症を避けることができる可能性がある」

TAG

CyborgInfertilitySpermVideoWIRED UK