1月19日、有楽町・朝日スクエアにて、映画『家族はつらいよ』の完成報告会見が行われ、出演する妻夫木聡さん、蒼井優さんら主要キャスト7名と山田洋二監督が出席しました。


『家族はつらいよ』は、『男はつらいよ』シリーズ修了からおよそ20年ぶりに山田監督がメガホンをとった喜劇で、熟年夫婦の離婚騒動をめぐって一家の人間もようを描きます。

この日、撮影以来の顔合わせとなったキャストの皆さんですが、終始わきあいあい。


今回、2013年に出演した映画『東京家族』の流れの役で出演オファーを山田監督より受けていたという妻夫木さん。

ですが、実際は全然違った役になったそうで……、妻夫木さんは「真逆といってもいいくらい変わりましたね。ホン読みが終わって、22時ころ携帯が鳴ったんです。何だろう?と思ったら“山田洋二監督”と表示で……こんなびっくりしたのは和田アキ子さん以来です(笑)」と、ホリプロの大先輩を引き合いに出し主張しました。


妻夫木さんは、さらにエピソードを披露。「監督に“君の役をちょっと変えようと思う。ショパン弾いてくれ”と言われて(笑)。そんな短い期間では厳しいですよと話をしたら“最後のところだけだから”と言われて、そういう問題なのかなって(笑)。最初冗談だと思って笑っていたんですけど、僕なりに頑張ってやりました」と話し、無事に弾けた様子です。


前作以上に結束されて、よい雰囲気の撮影だったようですが、家族としてのチームワークを感じた瞬間はあったのでしょうか?

蒼井さんは「本当に山田監督から(演技の)OKをもらうって、私からしたらハードルが高くて。なかなかそのハードルを超えられずに、やっとそのハードルを超えて戻ってきたら皆“お疲れ”って励まし合うっていう。あの時間が私は何とも好きでした」と厳しくも温かい現場を振り返っていました。


また、蒼井さんは妻夫木さんと2回目の「家族」としての共演になりました。

蒼井さんは、「妻夫木さんとはもう知り合って10年くらい経つんですけど、毎回違った形で共演していて。今回改めて、これまでの時間が婚約者同士を演じるにあたって、そんなプライベートで会う仲ではないんですけど、その年月が芝居に生きるなって感じました」と、月日の重みをしみじみ感じていたようです。


『家族はつらいよ』は3月12日(土)より全国ロードショー。

【関連記事】

※ HYDE、Charaとセッションし告白「よく曲を聴いてて歌詞とかパクろうとした」

※ 「ういっす〜」菅田将暉、「鬼ちゃん」スタイルで登場!新CMで見せた顔とは?

※ ジョニデ、ブラピ続け!ハリウッド次世代イケメンを集めてみました!

※ 祝・新成人の橋本愛に、竹内結子が20歳のときのほろ苦すぎる思い出を語る

※ 終始笑顔の長瀬智也、神木隆之介&桐谷健太と仲が良すぎで「あうん」の呼吸