写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォッチガードは1月19日、無線アクセスポイントの新製品「AP300」を発表した。

AP300はウォッチガードのUTM製品「Firebox」をコントローラとして連携できることから、無線アクセスとともに、セキュリティも高めることでWi-Fiネットワークの安全を確保できる利点がある。

最新のIEEE802.11acに対応しており、VoIP端末との通信品質改善をはかる「高速ローミング」や、クライアントのAP間切り替え接続を低信号で素早く処理する「高速ハンドオーバー」、混雑時に高品質な5GHz帯を利用できる「バンドステアリング」機能などを備える。

出荷開始は2月19日から。製品参考価格は1台当たり16万6500円(税別)〜で、初年度のメーカー保守料が含まれている。