フジテレビは「炎上体質」

写真拡大

 解散報道に揺れるSMAPが緊急生放送で挨拶をした1月18日の『SMAP×SMAP』は、瞬間最高視聴率が37.2%、番組平均視聴率は31.2%(いずれも関東地区)を記録し、フジテレビが久しぶりに全放送局のなかで視聴率トップになった。一方で『SMAP×SMAP』放送終了後に、『めざましテレビ』公式ツイッターアカウントが意見募集を呼びかけて以降、フジテレビの話題がネットで炎上し続けている。

〈みなさん!SMAP×SMAPはご覧になりましたでしょうか? ここでみなさんからSMAPの生会見の感想やSMAPへのメッセージを募集します。 「#めざましテレビ」を付けてツイートしてください。よろしくお願いいたします!〉(「めざましテレビ」公式ツイッターアカウントより)

 上のようにツイートされたのちハッシュタグ「#めざましテレビ」は、緊急生放送そのものへの批判、それについてツイッターで意見を呼びかける『めざましテレビ』の手法への批判、まったく関係のないツイートにわざとハッシュタグをつけるいたずらなどであふれた。

 ハッシュタグとは「#」のあとにスペース無しで言葉をつなげ、共通のテーマであることを示すタグ機能をもったラベルのこと。同じようなハッシュタグつきメッセージを一覧することができ、バラバラに存在している文章を読みやすく並べられる。SNSでよく使用されており、なかでもツイッターやインスタグラムでひんぱんに使われ、最近は写真にハッシュタグのみの投稿も増えている。

 メッセージを呼びかけた直後からハッシュタグや公式アカウント、ネット掲示板やまとめサイトでフジテレビをめぐる炎上は起きた。時間がたっても沈静化はせず、『めざましテレビ』の放送が始まりSMAP解散騒動をとりあげ始めると、さらに激しく炎上した。というのも、番組中でネットではよく知られたネタを気づかない体で放送し、その筋では広く知られるネット有名人そっくりな人物を登場させたからだ。

 ひとつめの”ネタ”とは、横書きの文章の文頭を縦読みすることで、別のメッセージを伝えるツイートを放送に引用したこと。横書きのツイートをそのまま読むと激励のメッセージとして読めるが、改行された文頭だけをつなげて縦読みすると「早く逃げて」と別の意味を持った文章があらわれるのだが、そこへの言及はまったくなかった。

 ふたつ目は、芸能人の裁判や騒動になると、テレビの街頭インタビューに頻繁に登場することで知られる中年女性にそっくりな人物が登場したことだ。同一人物かどうかの確認はとれていないが、あまりにもよく似ていた。こうした放送内容が「迂闊すぎる」と批判された。

 今回の件に限らず、フジテレビはひんぱんにネット炎上することで有名なのだが、他局と何が違うのか。

「フジテレビは炎上させがいのある対象だとみられているから炎上しているんです。だから他局よりも狙われやすく気の毒だなとは思います。でも、炎上しやすいのはそれだけが原因じゃない。他局に比べて、SNSやネットについての情報共有がされていないんだと思います。少し前、フジテレビの情報番組が有名な釣りアカウントに情報提供をお願いしたのがネット上でお祭りになっていましたが、どうして気付かないのかと驚きました」(在京テレビ局記者)

 事件や事故によって亡くなった人についてマスコミがSNSで情報提供を求めるケースが最近は多い。それを逆手に取り「同級生が●●で死んだ」など事件や事故に関連があるかのように思わせる虚偽の内容の投稿をして、マスコミからの接触を待つSNSアカウントを作成する人たちがいる。昨年末も、そのアカウントにフジテレビの番組公式ツイッターが情報提供を呼びかけたため、その様子がまとめ掲示板等に収録され炎上した。

「メディアに取り上げられるためなら何でもやる、嘘さえ平気でつく人たちのなかには、テレビ局を相手にどこまでできるかを競うようなところがあります。こちらも事実ではないことに振り回されないよう、テレビ局をひっかけるパターンの内容をスタッフで共有し気をつけています。特定の人、SNSアカウントで要注意行動を繰り返しているとわかれば、それもすぐに情報共有しますよ。それでも新しい手口がすぐに出てくるから、こっちはいつもひやひやしながら取材しているのですが。フジはその辺りがちょっと軽率なのかもしれません」(前出のテレビ局記者)

 1月18日放送の『SMAP×SMAP』が記録した視聴率37.2%は、早くも2016年のフジテレビ最高視聴率間違いなしとの声もある。『SMAP×SMAP』を20年続けた歴史でつかみ取った数字ではあったが、炎上でミソをつけてしまった。