[1.19 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選GL第3節 U-23サウジアラビア 1-2 U-23日本 スハイム・ビン・ハマド・スタジアム]

 今大会3試合目にして初出場となったDF井手口陽介(G大阪)。「ここ2試合、自分の中では悔しい気持ちがあったので結果が出せてよかったです」と、決勝点を挙げる活躍でチームのグループリーグ3連勝に貢献した。

 U-23日本代表は、1点リードで迎えた後半8分、右サイドに開いてボールを受けたMF南野拓実(ザルツブルク)が中央に切れ込むと、ラストパスを井手口が右足で流し込み、2-0。その後、PKで1点を返されたが、2-1で逃げ切り、3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 井手口は、決勝点を挙げるだけでなく、球際で抜群の強さを見せ、さらには中盤の底からゲームメイクし、チームに貢献した。「点を決めることができて良かったです」と笑みがこぼれた井手口だが、「まだまだ取り切れる部分や切っておく部分があったので、そういった部分では甘かったです」と、課題もあったと話す。

 首位通過を決めているU-23代表は今後、22日に準々決勝でイランと対戦する。「チーム一体となって、チームに貢献できるように自分も頑張っていきたいです」と、謙虚に話す19歳MFが課題を克服し、決勝トーナメントでも中盤からチームを支える。


●AFC U-23選手権2016特集