【MAN OF THE MATCH】大島僚太(川崎╱MF)
【警告】サウジアラビア=マジド(61分)、マドゥ(70分)、カノー(72分)、アルズバイディ(90+5分) 日本=奈良(10分)、松原(29分)
【退場】なし

写真拡大 (全2枚)

【日本代表・総評】 6
 3日前のタイ戦から先発10人を入れ替えて臨み、大島と井手口がゴールを決めて強豪のサウジアラビアを相手に2-1の勝利を収めた。グループリーグ3連勝と結果は文句なし。
一方、サウジアラビアが狙ったオープンな展開に持ち込まれ、少なくないピンチを迎えた。微妙な判定ではあったものの、2試合連続でPKを献上するなど“負けたら終わり”の重圧がかかる22日の準々決勝イラン戦に向けて、守備面に課題を残した。

【リオ五輪予選PHOTOダイジェスト】大島、井手口のゴールで3連勝! 日本 2-1 サウジアラビア
 
 [個人採点・寸評]
[GK]
22 杉本大地 6
PKで1失点したが、追加点を許さなかった。周囲へのコーチングも的確だった。
             
[DF]
2 松原 健 5
昨年4月に出術した右膝の状態が芳しくなく、ベストコンディションとは程遠い出来だった。特長の高精度クロスを披露する場面はなく、右サイドの攻防で後手を踏んだ。
 
5 植田直通 5.5
27分にCKから完璧なタイミングでヘディング弾を放ったものの、GKに防がれた。守備面では奈良のカバーに奔走したものの、56分には不運な判定からPKを与えた。
 
6 山中亮輔 6
精度の高いプレースキックは、高さのある相手に対して貴重な攻め手となった。中島、オナイウへのフィードでチャンスを演出。
 
13 奈良竜樹 5
10分にファウルを犯して危険な位置でFKを与えると、21分には相手FWに抜かれ、ヒヤッとする場面を招いた。不安定だった3日前のタイ戦から修正できたとは言い難い。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 
 
[MF]
8 大島僚太 7  MAN OF THE MATCH
序盤はあまり存在感を放てずにいた。そんななか、31分にミドルレンジから約30メートルの強烈なシュートでゴールをこじ開ける。拮抗した展開のなか、その一撃がチームを救った。
 
10 中島翔哉 5.5 
左サイドから果敢に仕掛け、26分には秀逸なスルーパスをオナイウへつないだ。しかし、技術はあるが微妙なところで精度が低く、物足りないパフォーマンスに終わった。
 
17 三竿健斗 5.5
今大会初先発。セカンドボールに素早く反応するなど落ち着いた試合の入りを見せた。しかし、時間の経過とともに後手に回る場面が増えた。
 
18 南野拓実 6
試合を通して3度あったシュートチャンスを決め切れず。ボールを持つ時間も限られた。それでも後半開始早々にドリブルから井手口の追加点をアシストし、最低限の仕事はこなした。
 
19 井手口陽介 6.5
ボールへ積極的に絡もうとする意識は評価したい。53分には南野のクロスから冷静に追加点を流し込んだ。
 
[FW]
20 オナイウ阿道 5.5 
縦パスに素早く反応し、ゴールに迫る。ただ、ボールが上手く収まらず起点になったとは言えなかった。
 
交代出場
FW
16 浅野拓磨 5.5
得意のスピードを活かして何度も相手最終ラインの裏を狙う。良いパスが巡って来なかったのは残念だった。
 
DF
15 亀川諒史 5
不慣れな右SBに入ったとはいえ、交代直後の軽かった守備の対応、攻め上がった際のクロスの精度が低かった。流れに乗れなかった。
 
FW
11 久保裕也 -
10分に満たない出場時間の間に、ボールに触れたのは数回。終了間際には鋭い突破を披露した。
 
監督
手倉森誠 5.5
採用した4-3-3が上手くハマったとは言えなかった。ゴールを奪った大島、井手口に救われた感は強い。1点を返された後に切った交代カードの効果は限定的だった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部特派)