「きれいに決まった」先制弾…五輪出場を誓う大島僚太「責任がある」

写真拡大

 AFC U−23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)グループB第3戦が19日に行われ、U−23日本代表とU−23サウジアラビア代表が対戦。日本が2−1で勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした。

 試合後、川崎フロンターレMF大島僚太がインタビューに応じた。

 大島は、強烈なロングシュートで決めた先制点を振り返り、「きれいに決まったと思う」とコメント。グループステージ初戦のU−23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表戦では「悔しい思いをしたと聞いたが」と問われ、「相手は違うけど、自分たちのサッカーをやろうと心がけていた。なかなか思ったとおりにはいかなかったが、勝てたことは収穫だと思う」と、手ごたえを感じている様子だった。

 グループステージを3連勝で終えた日本は、22日にU−23イラン代表との準々決勝に臨む。決勝トーナメントに向けて、大島は「ここから先は負けたら終わりなので、しっかりと勝っていきたい」と意気込んだ。

 そして、オリンピック出場への思いを問われ、「(連続出場を)途絶えさせられないという責任がある。その責任を果たせるように頑張る」と、話していた。