『ドクムシ』

写真拡大

4月9日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される映画『ドクムシ』の予告編が公開された。

【もっと画像を見る(9枚)】

『ドクムシ』は、八頭道尾の小説『コドク〜蠱毒』と、合田蛍冬がイラストを担当したコミカライズ版をもとにした作品。学校のような建物に閉じ込められた大学生のレイジ、キャバクラで働くアカネら7人の男女が、不安と疑いの中で狂気に駆られていき、互いに殺しあう様を描く。

予告編は教室のような部屋に村井良大演じるレイジ、武田梨奈演じるアカネら7人が座っている場面からスタート。秋山真太郎(劇団EXILE)演じるユキトシが都市伝説的なデスゲーム「蠱毒」について語る場面や、レイジやアカネらが刃物を振りかぶるシーンなどが盛り込まれている。またagehaspringsがプロデュースするFaint★Starによる主題歌“ネヴァエバ”の一部が使用されている。場面写真では刃物を手にしたユキトシがアカネの首を掴むシーンや、レイジが水上京香演じる女子大生のユミに首を締められている場面などが確認できる。