日本はタイ戦から先発10人を入れ替えて臨む。初出場の三竿がアンカーを務める。

写真拡大

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の日本対サウジアラビアは1月19日、カタール・ドーハのスハイム・ビン・ハマド・スタジアムで16時30分(日本時間22時30分)から行なわれる。
 
 試合に先立って、両チームのスターティングメンバーが発表された。日本は第2戦のタイ戦からスタメン10名を入れ替えた。システムは4-3-3が濃厚で、前線は右から南野、オナイウ、中島の顔ぶれとなりそうだ。
 
【試合終了】日本 2-1 サウジアラビア|マッチレポート
 

 
 日本のスタメンは以下のとおり。
 
日本
GK
22 杉本大地
 
DF
2 松原 健
5 植田直通
6 山中亮輔
13 奈良竜樹
 
MF
8 大島僚太
17 三竿健斗
19 井手口陽介
 
FW                                                                                                                          
10 中島翔哉
18 南野拓実
20 オナイウ阿道