「たった一日、いえ半日だけですが、イケメンになれる魔法があるんです」
 そんな興味深いことを語るのは、医学博士の志賀貢氏だ。

 男は何歳になっても格好よくありたいもの。だが、若い頃はそれなりにモテたものの、今となっては体型がすっかり崩れ、顔もずいぶんとむくんでしまった。しかし、偶然にも女性と出会う約束ができれば、少しでも痩せようと無理なダイエットを始めるなんてことも。
 「もちろん、運動をすることは大事です。しかし、ダイエットや筋トレは、最低1〜2カ月の期間をかけないと成果は出ません。明日デートというときに、ジョギングをしても手遅れです」

 そんな時、たった一日で見違えるほど若々しく見せる魔法があるというのだ。
 「体から水分と塩分を抜くのです。基本的にはボクサーの減量法と同じです」

 オイオイ、それってめちゃくちゃ苦しいのでは?
 「当然、そのままボクサーの真似をすると辛いです。そもそも、中高年男性が過度な減量をするのは危険。途中で体がだるくなったり、頭がボーッとしてきたら、即座に中止してください」

 このことを踏まえたうえで、“明日がデート”であることを想定し、イケメントレーニングを前日の朝から始めてみよう。
 「朝はしっかりと食べてください。昼食も普段通りの食事でOKです。ただ、いつもより水分を摂るように心がけてください」

 意外や意外。減量といえば、炭水化物を抜き、一日一食にするといったイメージだが、食べても大丈夫なのだ。
 「その後、一度思いきり汗をかきます。ジョギングなどの有酸素運動が一番ですが、サウナでも構いません。半水浴も効果的です。しっかり汗を流して、体から塩分を抜いていきます」

 その後も水を多めに飲み、オシッコもたくさん出そう。そして夕食については…。
 「塩分の多い食事は避けてください。お勧めは果物です。りんごでもバナナでもオレンジでも何でもいいので、果物を多めに食べ、空腹を満たしてください。その後は、いつも通りに寝ます(笑)。もし空腹を感じて眠れなければ、ガムやアメなどを口に含むといいでしょう。糖分が入ると空腹感が解消されます」

 翌日、目が覚めたらデートの当日。ここからさらに、水抜きの開始だ。
 「今度はできるだけ水分を摂らない。氷を舐める程度にしてください。塩分を控えているので、喉もあまり乾かないと思います」

 さて、この状態で鏡を見てみよう。そう、顔がシャープになって、イケメン風になっているはずだ。
 「水分が抜けると顔のむくみも取れるんです。あとは格好よくなった顔で女性と会えばいいだけ。もちろんデート中は好きなものを食べて、水もたくさん飲んでください。一度むくみをとれば、10時間ぐらいはスッキリとした顔を保てます。翌朝には元通りの顔に戻っていますけど(笑)」

 もちろん、水分が抜ければ血液もドロドロ…健康にいいワケではないので、立て続けに水抜きをするのはご法度。また、途中で辛いと感じたら、無理せず食事や水分を摂ること。ここぞという場面でのみ使う、必殺の魔法ですぞ!

志賀貢
医学博士。内科医として診療する傍ら、260作以上の小説やエッセイを執筆。また、性感研究の第一人者で『かなりHな夜の教科書』(河出書房新社)など、医学的見地に基づいたセックス&口説き術にまつわる著書も多数ある。