仕事に忙しいビジネスマンなら、ランチを食べるタイミングを逃してしまった、なんてこともあるはず。そんな時でも速攻でエネルギーをチャージできるのが“レーズン”です。ブドウの主成分はブドウ糖ですが、干してレーズンにしてもブドウ糖は健在。さらに濃縮したいろいろな栄養素がいっぱいなので、忙しさで忘れがちな健康の維持にもおススメです。

ブドウ糖は速攻でエネルギーになる!

レーズンに含まれる成分の70%は果糖・ブドウ糖で占められています。果糖・ブドウ糖は砂糖に含まれるショ糖よりも吸収されやすいのが特徴。速攻でエネルギーに替わるので、ランチを食べられなかった時や、小腹が空いた時、エネルギーが欲しいプレゼンの前などに食べるのもおススメです。保存が効いて携帯性にも優れているので、ぜひ、カバンに入れておきたい食べ物です。

塩分の多い食事の後にも“レーズン”はおススメ!

ブドウ1kgを干してできるレーズンはわずか200gほど。その分、ブドウの栄養素が濃縮されているので、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、鉄分といった不足しがちなミネラルが豊富に含まれています。ここで注目したいのはカリウムの働き。レーズンには100g中740mgものカリウムが含まれていて、ブドウの7倍にもなります。カリウムには摂り過ぎた塩分を排出する働きがあるので、塩分が多いランチを食べてしまったような時にもレーズンがおススメです。不足しがちなミネラルが手軽に摂れて、コレステロールはゼロというのも嬉しいですね。

もっとある!“レーズン”のこれだけの効果!

仕事や遊びで不規則な生活が続くと、便秘体質でなくてもお通じが気になることってありませんか? レーズンには食物繊維が多いので、毎日食べれば便秘にも効果的。便を柔らかくする水溶性食物繊維と便の嵩を増す不溶性食物繊維がバランスよく含まれているのが特徴です。さらにレーズンの外皮に含まれているリスベラトロールというポリフェノールの一種にも注目。最近の研究で、腸内環境を良くしたり、アレルギー症状を軽減する効果があることが分かってきた成分です。

手軽に食べられるレーズンにはこのほかにも、血糖値を正常化して体脂肪の分解を促したり、血栓ができるのを予防する、貧血を予防するなど、健康の維持に欠かせない効果がいっぱいです。忙しいビジネスマンのおやつはレーズンで決まり! ですね。


writer:岩田かほり