会見を行う高岡浩三社長と倉本昌弘(撮影:ALBA)

写真拡大

 日本プロゴルフ協会(PGA)は1月19日(火)、定例の理事会後に記者会見を実施し、「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」を2016年7月29日(金)から31日(日)まで北海道にある恵庭カントリー倶楽部で開催することを発表。優勝賞金は日本男子ツアー史上最高の1億円(賞金総額1億5,000万)となることも合わせて発表された。

 同大会は「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」として2014年、15年と開催されてきたが、今年から大会の意義に賛同したPGAが主管に入り、大会をグレードアップ。PGAは1975年から2003年まで「日本プロゴルフマッチプレー選手権」を開催してきたが、今大会により、日本プロマッチプレー選手権の名前が13年ぶりに復活することとなる。
 また、昨年までは出場選手は日本人に限られていたが、出場条件から国籍要項は外されPGA会員であることが追加された。これにより倉本が加わった選考委員会に選出されれば海外選手にも出場権が与えられる可能性がある。冠からは外れたが、片山晋呉は引き続きホストを務め選手選考にも関わっていくことも合わせて発表された。
 PGA会長の倉本昌弘は「昨年8月に高岡(浩三)社長とお会いして、そこからいろんな話をさせていただいた。大会の若い選手を応援したいという気持ちと、PGA会員を世界に出していきたいというPGAの思いが一致した」とコメント。ネスレ日本代表取締役兼CEOの高岡浩三氏は「ゴルフの新しいビジネスモデルを確立したいという思いは今も変わらない。かつての日本マッチプレーは、メジャーとして行われていた歴史ある大会。その名前のもとにこのマッチプレーを継続させていただけるのは我々にとっても名誉です」と語った。
 倉本会長はPGA独自の告知施策として、シニアプロにマッチの鬼の異名を持つ高橋勝成がいることから、「幸い彼は北海道出身なので、大会前に若いプロと一緒にイベントをしても面白い」と私案を披露した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【昨年記事】憧れは丸山茂樹 石川遼を倒した堀川未来夢(ミクム)って?
【昨年記事】最終ホールで痛恨の1打…石川遼は金星献上で2年連続初戦敗退
【昨年記事】片山晋呉、ホスト大会Vはならず…来季は裏方専念も
【昨年記事】武藤俊憲がマッチプレー選手権を制覇!賞金7,000万円を獲得
『鹿又芳典のクラブ言いたい放題 テーラーメイド M1ドライバー編』〜ロースピンでキャリーが出る!