スペースX「ファルコン9」、3度目の海上着陸失敗

写真拡大

イーロン・マスク率いるスペースXは、「ファルコン9」ロケットでの実験を続けている。先日は、1段目の機体を太平洋上の基地に着陸させる試みに失敗している。

Well, at least the pieces were bigger this time! Won't be last RUD, but am optimistic about upcoming ship landing. pic.twitter.com/w007TccANJ

「スペースX「ファルコン9」、3度目の海上着陸失敗」の写真・リンク付きの記事はこちら

— Elon Musk (@elonmusk) 2016, 1月 17

またしてもスペースXの「ファルコン9」の第1段機体は海の真ん中で爆破し、太平洋に浮かぶドローン船(スペースX特別設計の自律制御式海上プラットフォーム)の餌食となった。海上着陸に失敗したのは今回で3度目となる。

スペースXもまだスタートアップ企業であることには変わりなく、いまだに失敗と成功を繰り返している、ということだ。先日の試みでは、ロケットはドローン船を完璧に捉えたが、着陸脚に問題があった。当初スペースXは4本ある脚のうち1本が破損したとTwitter上で報告したが、その後、同社CEOのイーロン・マスクは個人アカウントにて詳しい説明を次のように書き込んだ。

However, that was not what prevented it being good. Touchdown speed was ok, but a leg lockout didn't latch, so it tipped over after landing.

— Elon Musk (@elonmusk) 2016, 1月 17

「それだけじゃない。タッチダウン時のスピードは大丈夫だったが、レッグロックアウト(脚の固定装置)が正常に作動しなかったため、ロケットは着陸後に倒れたんだ」

Falcon lands on droneship, but the lockout collet doesn't latch on one the four legs, causing it to tip over post landing. Root cause may have been ice buildup due to condensation from heavy fog at liftoff.

Elon Muskさん(@elonmusk)が投稿した動画 -

ファルコン9はドローン船に一時的に着陸はしたものの、手前の着陸脚は固定される事なく、ロケットは豪快な爆発音と共にあっけなく倒れてしまった。ロケット発射時のガスが凝結し、脚の周りで氷結してしまったことが原因らしい。

着陸失敗を除けば、ミッションは成功だった。今回の本命ミッションである人工衛星「Jason-3」の軌道投入は成功し、衛星は現在も低軌道を順調に周回している。スペースXは先日NASAと新たに交わした契約もあり、すでにいくつもの打ち上げを予定している。

今後も着陸に挑戦する機会はあるので、どうぞ、ご心配なく。

TAG

Elon MuskSpaceshipSpaceXWIRED US