KDDIが「auでんき」の発表会を開催。“鬼ちゃん”を演じる菅田将暉も登場

写真拡大 (全10枚)

 KDDI、沖縄セルラーは19日、同社のauスマートフォン・携帯電話の顧客を対象とした新しい電力サービス「auでんき」を発表。本日開催された記者会見で、KDDI 代表取締役 執行役員専務の石川雄三氏がサービスの詳細を説明した。

 「auでんき」は4月1日から始まる電力小売りの全面自由化に合わせてスタートする。壇上で石川氏は「通信を核にさまざまな生活サービスを提供したKDDIが、皆様に、より豊かな生活を享受いただきたいと考えて電力サービスに進出した。auサービスのユーザーの皆様に浸透しつつある、au WALLETをプラットフォームにお得なキャッシュバックを用意している。12月から全国のauショップで『au WALLET market』も始まった。それぞれの延長線上にある便利なサービスとしておすすめしたい」と抱負を語った。

 「auでんき」がほかの新電力会社のサービスにない特長として掲げられたのが、「いつでも・どこでも・誰でもお得」に利用できるという点。KDDIでは独自に市場調査を行い、いま新しい電気サービスの利用を検討しているという回答者が、「料金の安さ」に加えて「プランの分かりやすさ」を判断材料としていることが見えてきたという。

 石川氏はさらに、国勢調査や総務省統計局の電気利用量の数値などから生活者の利用動向を分析した結果、「家族の世帯人数によって使う電気料金が大きく異なっており、電力量についても月間平均で300kWh以下という“あまり電気を使わない世帯”が5割近くいることもわかった。季節によっても使用傾向に変動がある」と説明しながら、「誰でも、わかりやすく、お得感を感じていただけるプラン設計が必要」という判断に至ったと述べた。

 料金プランについては、一般家庭向けの「でんきMプラン」と、電気を比較的多く利用する事務所や商店など法人利用者を対象とした、従来の従量電灯プランと同等の「でんきLプラン」の2種類にまとめられている。サービスを提供するエリアは沖縄・一部離島を除く日本全国となる。

 「auでんき」の場合、基本の電気料金自体は既存の電力会社が提供するものと同じになるが、これに「auのケータイ・スマホのユーザーならセット割を提供する」という方針により、シンプルにお得感をアピールしている。もちろん携帯電話と固定通信回線「auひかり」を組み合わせた「auスマートバリュー」とのセット利用者も「auでんき」の割引対象になる。

 石川氏は「基本料金全体から計算した金額から、1・3・5%まで3段階で割引を適用する。キャッシュバックは1つの世帯のどなたか1台のau IDに紐づいたau WALLETカードに還元する。さらに『au WALLETクレジットカード』で電気料金を支払っていただければ、200円ごとに2ポイントが貯まるサービスも受けられる」とメリットを説く。

 「auでんき」の最低利用期間は1年間。1年未満での解約については違約金2,000円が発生するが、期間中に引っ越して、以後新しい住まいでも「auでんき」を再契約すれば解約違約金はかからない。

 「auでんきなら、例えば5人家族のご家庭で見積もった場合、全体でおよそ年間1万円ぐらいお得になる。既存電力会社の供給設備をベースにしているので、万一の停電発生などに対する対応能力も変わらないし、安心してご利用いただける」と石川氏はさらにメリットを補足した。

 なお、関西電力では「auでんき」のサービスが始まる4月1日から同年5月31日までに「auでんき」を申し込んだ場合、「auでんきセット割」のキャッシュバック率をアップするキャンペーンを用意。8,000円以上の利用料金について、通常5%の割引率を最大12%に引き上げるエリア限定の施策を実施する。

 KDDIでは「auでんき」に関連するサービスとして、モバイル端末向けに「auでんきアプリ」もローンチする。石川氏が「電気の使用量を“見える化”するだけでなく、節電を“行動”に移せるような仕掛けを盛り込んだ」というアプリには、au IDに紐づけてユーザー単位での電気料金や電気使用量を日・週・月・年単位でグラフや数値を使って管理できる機能のほか、ユーザー単位の使用履歴をビッグデータ化して「今月の使用予測」を表示したり、電気の使い過ぎをアラートとしてプッシュ通知する機能などが統合される。ユーザーの使用履歴データが半年以上蓄積されていけば、予測精度はますます高くなるという。石川氏は「アプリの機能もどんどん進化させたい」と意気込む。

 「auでんき」は申し込みが簡単に行える点についても石川氏は強調している。申し込み方法は、直近の電力使用の検針票をauショップに持参するだけ。店頭で現在の利用料金と比較して、auでんきを選んだ場合どれぐらいお得になるのかを確認したのち、プランが申し込めるようになる流れだ。以降、スマートメーターの取り付け工事を経て、検針日以降に課金が始まり「auでんき」の利用が始まる。石川氏は「これからもKDDIとして新しいサービスを次々にご提案しながら、お客様の生活をより豊かなものにしていきたい」として会見を結んだ。

■関連リンク
au