かくて「アナログレコード」は世界の家電市を制した

写真拡大

2016年1月、ラスヴェガスで開催された家電の見本市CES 2016において、日本メーカーが気を吐いたのは「レコードプレーヤー」だった。その先鞭をつけた米メーカーの躍進を紐解くとともに、デジタルで音楽を聴く時代、レコードプレーヤーに求められる機能を問う。

「かくて「アナログレコード」は世界の家電市を制した」の写真・リンク付きの記事はこちら

奇妙に聞こえるが、ラスヴェガスで行われた国際家電ショー・CES 2016のプレスカンファレンスでは、パナソニックもソニーもともに、レコードプレーヤーに関する話題を中心に据えていた。

パナソニックの「Technics SL1200-GA」は、ブランド50周年を迎えることもあって、その豪華なデザイン・材質と考え抜かれたイノヴェイションとでファンを喜ばせた。

一方、ソニーの「PS-HX500」は、アナログ盤をハイレゾのオーディオファイルにリッピングできる機能で、プレスカンファレンスの話題をさらった。これで、オーディオファンたちは自身のコレクションをデジタルでバックアップし、デジタルで聴けるようになるわけで、古いレコードも「再生」するのかもしれない。

しかし、CES 2016で話題となったのはこれらのプレーヤーだけではない。最大手以外のメーカーのターンテーブルもいくつか発表されていた。なかでも、業界からすれば(最高ではないにせよ)最もクールで重要だと見なされた製品が、ホールの片隅、文字通りソニーの影になった静かなブースで、瓶詰めのお菓子のように高く積み上げられていた。

クロスリーの主力商品は安価なプレーヤー(70〜80ポンド、約12,000〜13,400円)だ。

フィジカルが生むロマンス

クロスリー・ラジオ(Crosley Radio)は、プレス資料によると、1920年に低コストラジオ(価格7ドル)の「Harko」をつくった歴史ある米国のブランドだ。80年代後半には、ラジオやジュークボックスなどのヴィンテージ風商品をつくるようになった。そして最近、低価格でポータブル、スーツケース型のカラフルなレコードプレーヤーを、ヒップな小売店アーバン・アウトフィッターズ(Urban Outfitters)が取り扱うようになって、売上が急上昇した。

これが、どんな意味をもつのか? このTシャツやリップクリームのお店(アーバン・アウトフィッターズのことだ)は、Amazonを除くと、米国で第一位のフィジカルなレコード屋でもある、ということだ。

英国では09年以降、レコードの売上は800パーセントも増加している。にもかかわらず、ラフ・トレードのようなユニークな例を除けば(Rough Trade Shop)、レコード店は中心街に返り咲けてはいない。2、3年前に比べ独立店舗が増え、レコード盤の売上が330万ポンドから2,590万ポンドにまで増えた14年には、少なくとも40のレコード店がオープンした。しかし、HMVのような昔の大手チェーン店がその波に乗ることもなかった。

一方、アーバン・アウトフィッターズでは、クロスリーのプレーヤーの横で12インチのレコードが大量に売れている。プロや一般人のレビュアーは、クロスリーの安いエントリーレヴェルのプレーヤーを非難するかもしれない。しかし、レコードのブームを起こしたことについて、また、ソニーやパナソニックがそこに資金を投下する決断を下したことについて、このプレーヤーが大きな役割を果たしたことは間違いない。

ソニーとパナソニックの発表を受けて、クロスリーのCEOであるボー・ルマスタスはわれわれ『WIRED』に対し、次のように語っている。

「70年代に遡って考えると、彼らはまさに、巨人というべき存在でした」。クロスリーは32年間にわたってCESに出展してきたが、その間、レコードがこれほど注目を集めるのをみたことはなかったと言う。

ルマスタスは、アーバン・アウトフィッターズが取り扱うクロスリー社のプレーヤーの販売量はこの10年で10倍に増えたと話す。「彼らがこの業界に果たした役割は、巨大です」と述べるとともに、既存の製品より高い音質を望む人たちのためのアイテムとなる「Techシリーズ」を開発中だと語った。

クロスリーのプレーヤーの音質が見劣りするのは否めない。スマートフォンのスピーカーからMP3音源を再生するくらいのレヴェルだ。つまり、レコードの売れ行きが音質にこだわる人を中心に戻りつつあるという仮定は誤りで、レコードを購入する若いファンは、その音とともに、アートワークといったフィジカルな芸術性に魅力を感じているということだろう。

「99ドルのプレーヤーでは、音の再現性には限界があります」と、ルマスタスは認めている。しかし、人々はレコードのアートワークと、レコードをかけるという儀式にこだわりをもっているのだ。

「わたしにとってすれば、針をレコードに落とす行為には、溢れるロマンスがあるのです」と、ルマスタスは語っている。

失われた「本物」を求めて

パナソニックのSL-1200ターンテーブルの価格は、クロスリーのそれに比べて40倍にもなり、搭載されているテクノロジーや対象とする顧客はクロスリーと明らかに異なっている。

テクニクスブランドの製品は、2010年、最終モデル「SL-1200MK6」をもって生産を終了していた。新モデルのリミテッドエディションは16年夏ごろ、通常版は16年後半の発売となる見込み。

CESで発表された新しいTechnics(リミテッドエディションの「SL-1200GAE」)はマグネシウム製のトーンアームつきの「本物」で、プラスチック製の「安物」ではない。しかし、その背景にある開発動機は同じだと、同社の英国支社専務、アンドリュー・デンハムは述べている。

「レコードはとにかく人気があります。Technicsブランドは特に人気です。ファンは等しく熱狂の渦の中にいますが、そのなかでも、できるだけ他人と異なる方法で楽しもうとしています」(デンハム)

「わたしたちのエンジニアは、伝説的なパナソニックのターンテーブルシリーズである1210のあらゆるエレメントを、妥協なしに設計し直しました」とデンハムは語る。「SL-1210は歴史的アイコンともいえる、最も影響力の大きなターンテーブルです。その復刻はTechnicsを愛する人たちを揺るがし、デジタルが当たり前の環境下での音楽の再発見に繋がりました。これは、音楽への愛を生むターンテーブルなのです」

パナソニックにとって、クロスリーを購入する(おそらく若い)顧客は将来、高価だがはるかに優れた商品を購入する潜在的な顧客なのだろう。

デンハムはさらに続ける。「狙いは、SL-1200を欲しいと強く思ってもらうことです。市場には多様な層のユーザーがいます。レコードによって文化が蘇ったのは素晴らしいことです」

デジタル・エコシステムのなかで

ストリーミングサービスのポテンシャルやデジタル音楽全体の経済規模と比べれば、レコード業界は小さく、成長も遅い。プラットフォームとしてのターンテーブルやレコードは、業界を独占しているスマートフォンに対し、わずかでしかない。しかしこれらは、必ずしも競合する運命にあるわけではない。

ソニーのHX500は、デジタル音楽とレコードとの間にあるギャップの橋渡しを狙った製品だ。

「PS-HX500」はヨーロッパで16年4月から取り扱い、価格は500ユーロ(約6万4,000円)となる見込み。

レコード盤をハイレゾ基準でリッピングする機能(その基準は少々迷信じみているが)をもち、ターンテーブルをデジタルなエコシステムへとつなぐ橋渡しとして存在しうる。レコードをUSBでつなぐ安価なシステムはすでに存在するが、ソニーはハイエンドなターンテーブルの顧客が抱いている音質への懸念と、デジタル環境の便利さとの調和を生み出したいとしている。

「ソニーは、オーディオファンや音楽愛好家が、どのようなライフスタイルであってもハイレゾオーディオを楽しめるよう、幅広いソリューション提供に尽力しています」とソニーの担当者は語る。「HX500は増えつつあるビニールレコード収集家にとって、利便性と音質を兼ね備えたハイレゾオーディオへの重要な架け橋になります」

ハイエンド、ローエンド、デジタルとアナログの橋渡し。レコードについての難問に対する回答のうち、いずれが勝利するかはわからない。また、レコードがニッチ以上のものに成長するかというと、それも疑問だ。しかし、テクノロジーの世界ではこの古びた、丸い樹脂ディスクへの熱狂、そして資金とが存在しているのだ。

TAG

CESGadgetMusicRecordWIRED UK