写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●購入型クラウドファンディングの規模
インターネットを使って、不特定多数の賛同者から出資を募るクラウドファンディング。期間内に目標額を集めれば、プロジェクトが動きだす仕組みだ。この仕組みは新製品の開発からクリエーターやアーティストの支援など様々な目的で利用され、新たな資金調達法として注目を浴びている。有名な海外サービスサイトとして、KickstarterやIndiegogoがあるが、名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

このクラウドファンディングの種類は大きく分けて3種類ある。リターンのない寄付型、金銭によるリターンがある金融型、製品や作品、体験などをリターンとして受け取る購入型だ。先のKickstarterやIndiegogoは購入型にあたる。

日本においては購入型クラウドファンディング大手と位置づけられ、プロダクト系に強いサイバーエージェント・クラウドファンディング運営の「Makuake」(2013年開始)が挙げられる。Makuakeは現在の状況をどう見ているのだろうか。

○日本における購入型の市場は?

まず、国内のクラウドファンディング市場の規模について簡単に説明しておきたい。日本でクラウドファンディングのサービスがスタートしたのは2011年で、比較的新しいサービスだ。矢野経済研究所によると、2014年度における国内の市場規模は、新規プロジェクト支援額ベースで前年度比59.5%増の197億1,200万円。この数字だけ見ると成長著しいように見える。

ただし、この大半の約156億円は不特定多数の人に融資を募って金銭的なリターンを行なう金融型のひとつ貸付型であって、購入型クラウドファンディングは約20億円と少額だ。Kickstarterの場合、自社レポート「The year in Kickstarter 2014」によると2014年の調達総額は5億2,900万ドルで、日本円に直すと約618億円。日本の購入型すべてを足してもKickstarter一社と大きな隔たりがある。

購入型クラウドファンディングのスタイルは、ものづくり大国かつコンテンツ大国といわれている日本にフィットしそうに思われるところだが、Kickstarterが2009年にサービスを開始して数百億円規模に達しているのに対し、日本では成長緩やかなのが現状である。

●対象者にリーチしきれていない現状
○対象者にまだリーチできていない

Makuakeはこの状況をどう見ているのか。運営元のサイバーエージェント・クラウドファンディングの中山亮太郎代表がいくつかのポイントを挙げる。それを一言でまとめれば、"認知度の不足"だ。日本でものづくりをしたい人にクラウドファンディングがまだリーチしきれていないという。

同氏は、ものづくりのフェーズについて、「何かを作りたいけれど作れない人」、もしくは「作れるけれど前に踏み出せない人」、そして「ものづくりにむけて踏み出すことができている人」の3段階あると規定する。

その上で中山代表は「作れるけれど前に踏み出せない人が多い」と認識している。本当はこういった人がMakuakeを使えばいい。しかし、クラウドファンディングを知らない、自分が対象だと思っていない人が多く、「そうした人たちに対する働きかけが今の大きな課題。そういった層が活用できると思えば、日本中から面白いプロジェクトが集まり、多様性が生まれる"カンブリア紀"になる」と語る。

その言葉どおり、Makuakeでは「前に踏み出せない人」を積極的に探してサポートするスタンスだ。全国でクラウドファンディングのセミナーを開催し、現地の商工会議所や県庁をはじめとする自治体、地方銀行と組んで、地方の産業を盛り上げるという働きかけを行なっているという。

また、プロジェクトを開始する際に「キュレーター」と呼ばれる担当が1つのプロジェクトに対して1人つく。プロジェクトの発案者とともにプロジェクトの内容をブラッシュアップすることも多いという。「どんなプロダクトでも、特徴はどこかに隠れている」(中山氏)。社内で約10人のキュレーターたちが、そこをすくい上げていく形だ。

認知度という観点からはもう一つの課題を指摘する。それは"資金調達"という意味合いでしかクラウドファンディングが捉えられていない風潮があることだ。あくまでプロダクトジャンルに限ってのこととするが、中山氏は「言葉の意味からは仕方のないことかもしれないが、クラウドファンディングにはテストマーケティングとして活用されるケースも多くある。そのあたりの認知が不足している」と話す。

クラウドファンディングが資金調達に加え、テストマーケティング、プロモーションの役割を持つこともいかに認知されるかも不可欠なのだ。

●市場はどのくらい拡大するか
○購入型クラウドファンディングの今後は?

今後についてはどう見ているのか。中山氏は「中長期でいうと、5年でアッパーなポテンシャルは100倍以上ある」と強気な見方だ。というのも、同氏によるとMakuake開始後の1年から1年半まではアーリーアダプターによる利用が主体だったと分析しているからだ。これからは、クラウドファンディングがプロジェクトを通して資金調達だけでなくテストマーケティングやPRが行えるというメリットを、広く説明することで成長余地が多くあると見ている。

今後の購入型クラウドファンディングの市場についてポジティブなMakuake。地方でセミナーを開くなど埋もれた状態の「作れる人」を発掘し、ビジネスのラインに乗せようとする。はたしてMakuakeの中山代表が目指すように、日本において購入型クラウドファンディングの利用者はアーリーアダプターからマジョリティへと拡大するのか。認知度も上がり、市場拡大に期待が高まるクラウドファンディングだが、購入型は2016年も発展の年になるのか、注目したいところである。

(丸子かおり)