写真提供:マイナビニュース

写真拡大

矢野経済研究所はこのほど、国内の「オタク」市場に関する調査結果を発表した。調査は2015年9月、15歳〜69歳までの男女9,862名を対象にインターネットで行われた。

○およそ2割が「自分はオタク」と認識

「自分を『オタク』だと思いますか、もしくは人から『オタク』と言われたことはありますか?」と質問したところ、21.1%が「はい」と回答。「オタク」を自認、もしくは第三者から「オタク」と認知されている層が2割超いることがわかった。

○「オタク」のうち37.9%が既婚者

続いて、前質で「はい」と回答した2,080名を対象に、未婚か既婚か、また恋人の有無などについて調べた結果、既婚者(過去に結婚有を含む)層は37.9%を占めた。一方、未婚者層は62.2%で、うち13.2%が「現在恋人有」、31.2%が「現在も過去も恋人無」だった。

○消費金額1位のオタク分野は「アイドル」

最後に、「オタク」とされる層2,080名について、19分野別に一人あたりの年間の平均消費金額を算出したところ、最も高い消費金額を示したのは「アイドル(7万4,225円)」で、次いで「鉄道模型(4万9,721円)」「コスプレ衣装(4万7,530円)」と続いた。

また、一世帯あたりの平均年収額についても調べたところ、「鉄道模型」が約693万円と最も高く、一方、最も低い分野は「アダルトゲーム」の約457万円だった。

(CHIGAKO)