訪日外客数のシェアの比較(2014年/2015年 年計、JNTO資料より)

写真拡大 (全3枚)

 日本政府観光局(JNTO)は19日、訪日外客数(2015年12月および年間推計値)を発表した。それによると、2015年12月は177万3千人(前年同月比43.4%増)、2015年年間では1,973万7千人(前年比47.1%増)が訪日していた。

 2015年年間の訪日外客数は、JNTOが統計を取り始めた1964年以降、最大の伸び率で、過去最高であった2014年(1,341万3千人)を上回った。また1970年以来45年ぶりに、訪日外客数が出国日本人数を上回った。

 理由については、クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大のほか、燃油サーチャージの値下がりによる航空運賃の低下、プロモーションによる訪日旅行需要の拡大など、複数の要因が重なったとみられる。

 国・地域別で見ると、主要20市場のうちロシアを除く19市場が、年間での過去最高を記録。とくに“爆買い”などでも話題を呼んだ中国が、前年比107.3%増の499万人に達し、初めて最大市場となった。

■関連リンク
日本政府観光局(JNTO) - Japan National Tourism Organization