1月16日の女子ジャンプW杯札幌大会初日。スムーズに踏み切るといち早く空中姿勢を固めた高梨沙羅は、そこからピクリとも動かず空中を滑空した。

「安定した姿勢でアプローチを滑ってくるというのが、今の自分のジャンプでは一番重要な部分だと思うので、滑り始める動作の中でその姿勢にうまく落とし込める確率をいかに上げるかということに取り組んできました。今日のジャンプは2本ともそこがうまくいき、まずまずのジャンプを揃えられたと思う」

 こう話すように高梨のジャンプは、踏み切りから着地まで一切無駄な動きがない完璧なもの。今シーズンは助走の安定感が昨シーズンより格段に上がっているという手応えを得ていた。弱い向かい風となる運の良さもあったが、2本とも他の選手がスタートした15番ゲートより1m低い13番ゲートからスタート。それでも97mと98mを飛び、ともに2番手に3m差をつける最長不倒距離で圧勝した。

 他の選手よりゲートを下げた理由を、高梨はこう話す。

「昨日の公式練習でも他の選手より低い12番ゲートからスタートしたんですが(他の選手たちは1本目は16番、2本目は14番を使用)、私は最近のこのジャンプ台の練習で15番ゲートから飛んだことがなかったので、少し恐怖心もあって......。スタートゲートはコーチが決めるのですが、そういう気持ちを察してくれて13番まで下げてくれたのだと思います」

 そんな高梨を全日本スキー連盟の斉藤智治ジャンプ部長は、「他の選手は力が落ちているのではなく、昨シーズンと同じレベルを保っている。高梨だけが進化している状態です」と評価する。そんな力の差を改めて見せつけたのが、翌日の第2戦だった。

「予選で飛んだ時に『今日は体のキレが悪いな』と思ったので......。そういう時は念入りにウォーミングアップをして体を温めてキレを取り戻さなければいけないけど、いつも以上にやって疲れてしまったらパフォーマンスを落とす結果にもなるので。そこの兼ね合いが重要だけど、今日はそこがうまくいかなかった」

 こう話すように高梨は、2本とも納得のいかないジャンプだったという。しかも1本目は、ひとり前のダニエラ・イラシュコ(オーストリア)にW杯ヒルレコードとなる99.5mの大ジャンプをされた。

 そんな状況でも、2段下の13番ゲートから97mを飛び、ゲートファクターのプラス6点を生かし、5点差を付けてトップに立った。

 さらに2本目は直前のイラシュコまでは向かっていた風が追い風に変化したために、コーチの判断で他の選手と同じ14番ゲートからスタート。秒速0.27mの追い風ながらも2番手のイラシュコなどを2m上回る94mを飛び、今季W杯4勝目を難なく決めたのだ。

「沙羅はコンスタントに結果を出していて本当に強いので、アンドロイドではないかと思ってしまう。私にはまだ改善すべき点もあるが、1日は24時間しかないので、その中で改善して沙羅と競り合っていくことは難しいと思う」

 W杯総合では高梨に次ぐ2位につけるイラシュコはこう言うが、2日目の高梨のジャンプは本人にとって7〜8割の出来で納得いかないもの。それでも大差をつけて勝ってしまう強さが、今の高梨にはあるのだ。

 彼女自身、「以前は動きにキレがないと思ったら、がむしゃらに体を動かして疲れた状態でジャンプを飛んでいた。動かしすぎてはいけないというのに気がついたのも、成長したところだと思う」と話す。

「私は地道に腹筋をするのが苦手なんですけど......」と笑う高梨だが、昨年の夏はトレーナーが組んでくれた、ダイナミックな動きはないながらも体幹などを鍛えられる、静かで地道なトレーニングにも取り組んできた。そんなつらいトレーニングで高いモチベーションを保ち続けられたのも、昨シーズンはわずかなところで、W杯総合3連覇を逃した悔しさがあるからだった。

「今シーズンこそは、またクリスタルトロフィーを持って日本に帰りたい」

 夏場の成果のひとつとして、今回ヒルサイズの100m近くまで飛距離を伸ばしながらも飛型点では審判全員が18.5〜19.0点(満点は20点)を出した飛型点の高さがある。

「テレマークを入れて結果を出せたというのは去年と違った点だと思うし、自信にもなりました。これまでは着地に怖さを感じていたわけではないけど、なかなか足を一歩前に出せていませんでした。今は最後まで粘って足を前に出すというコツをつかめたような気がします」

 そんな進化を見せる高梨だが「まだまだ技術的にも精神的にも成長していけるように頑張りたい」という。たとえば、ソチ五輪では2本とも着地寸前に背中を叩かれるような追い風を受けてテレマークを入れられなかったが「早くそういう条件での着地も練習してみたい」と、悪条件さえ心待ちにしている。

 それもすべては、ソチ五輪で逃した金メダルを18年の平昌五輪で手にしたいという思いがあるからだろう。それまでは絶対に進化し続けたいという決意を、高梨は札幌で見せてくれた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi