「LINEで宅急便」サイト画面

写真拡大 (全4枚)

 ヤマト運輸は19日、コミュニケーションアプリ「LINE」に、LINE公式アカウントを開設し、連携サービスの提供を開始した。LINEを通じた配達予定の通知、荷物の問い合わせや再配達依頼などの機能を提供する。サービスの利用料金は無料。

 同社の無料会員サービス「クロネコメンバーズ」のクロネコIDと「LINE」を連携させることで、公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」の配信に対応する。これらのメッセージから、配送日時や場所を変更することも可能。

 また、クロネコIDとの連携を行っていなくても、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントの友だちになっていれば、荷物問い合わせや集荷・再配達の依頼、料金・配送日時の検索といった機能が、LINEから使用可能だ。

 将来的には、宅急便の送り状を「LINE」で簡単に作成できる機能、宅急便の送付・受け取りを「LINE」のなかで完結するようなサービスも提供する方針だ。なお同日より、ヤマト運輸としては、初めてのLINEスタンプ「送る!受け取る!クロネコスタンプ」の提供も行っている。

■関連リンク
これからは、LINEで宅急便!2016.1.19 START
送る!受け取る!クロネコスタンプ(全8種類)